オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
発売から4ヶ月で

KLAUDIO、ピボット式リニアトラッキング・トーンアームを40万円値下げ

編集部:風間雄介
2017年06月27日
(株)ノアは、米KLAUDIO(クラウディオ)のピボット式リニアトラッキング・トーンアームなどを値下げする。新価格は即日出荷分より適用する。

ARM-MP12/MP10

値下げするのは10.5インチ用の「ARM-MP10」と12インチ用の「ARM-MP12」(関連ニュース)。今年2月に発売した際の165万円(税抜)から125万円(税抜)へ、わずか4ヶ月で大幅な値下げを行う。

KLAUDIOの設立者で、本製品の開発者であるPeter Cheon氏は、今回の値下げの背景について「アームが本格的な生産に入り、製造工程を精査することで歩留まりが向上し、予想を大きく上回るコスト削減が実現した」と説明。さらにCheon氏はARM-MP10/12について「どのアームより優れた特性を持っており、世界中のアナログファンに使って欲しい。そのためには開発費の回収はさておき、お求めやすい価格に改定した」とも述べている。

一方、同ブランドの超音波式レコードクリーナー「CLN-LP200/200S」共用のオプション品である7インチ/10インチレコード用アダプター「ADT-LP07」「ADT-LP10」については、原材料高騰により、国内の販売価格を22,000円から33,000円(いずれも税抜)に値上げする。

関連リンク

関連記事