スワロフスキー使用の限定クリスタルエディションも

ソニー、スマートウォッチ内蔵アナログ腕時計「wena wrist」に新デザイン『Three Hands Square』

編集部:川田菜月
2017年06月21日
ソニーは、腕時計のバンド部にスマートウォッチ機能を内蔵した“wena wrist”の新モデルとして、「wena wrist Three Hands Square(ウェナリスト スリーハンズスクエア)」を6月30日から発売する。通常モデルのほか、文字板にスワロフスキー・クリスタルを使用した『Crystal Edition』も用意。ラインナップは以下のとおり。

Three Hands Square シルバーモデル

Three Hands Square ブラックモデル

wena wrist Three Hands Square
・「WN-WT11S」シルバー 価格:43,880円(税抜)
・「WN-WT11B」プレミアムブラック 価格:47,880円(税抜)
・「WN-WT11S-H(ヘッド部単品)」シルバー 価格:10,380円(税抜)
・「WN-WT11B-H(ヘッド部単品)」プレミアムブラッック 価格:11,380円(税抜)

wena wrist Three Hands Square - Crystal Edition -
・「WN-WT12S」シルバー 価格:55,380円(税抜)
・「WN-WT12B」プレミアムブラック 価格:59,380円(税抜)
・「WN-WT12S-H(ヘッド部単品)」シルバー 価格:16,380円(税抜)
・「WN-WT12B-H(ヘッド部単品)」プレミアムブラック 価格:17,380円(税抜)

スワロフスキーを使用したCrystal Editionも用意

wena wristは、ソニーによるウェアラブルデバイスの新プロジェクト「wena」の第一弾製品となる腕時計型デバイス。従来モデルは時計のヘッド部に丸いアナログ型デザインを採用しているが(関連ニュースレビュー記事)、本製品では長方形型のヘッド新たに採用。ヘッド部単体でも販売され、従来モデルのバンド部と接続して使用することも可能。

大幅に小型・軽量化を図ることで、腕の細いユーザーにもフィットしやすく、またヘッド部側面の曲線をバンド部と滑らかに繋げることで、時計としての一体感を高めたとしている。従来同様、ムーブメントを含めたヘッド部の設計・製造は、シチズン時計(株)が担当。カラーは2色で、シルバーは中心から放射状に光るサンレイ加工、ブラックはマットな質感に仕上げている。

『Crystal Edition』では、ヘッド部の文字板にスワロフスキー・クリスタルを使用。文字盤にマザーオブパール(真珠母貝)を採用し、より華やかなデザインに仕上げたとのこと。また初回700セット限定で、本モデルのデザインに合わせて同じくスワロフスキーを用いて製作された特製ブレスレットが付属する。

初回700セット限定で特製ブレスレットが付属

腕時計のバンド部分には「電子マネー機能」「スマートフォンの通知受け取り機能」「歩数などの活動ログ機能」という3つの機能を独自技術により内蔵。電子マネーにはFeliCa(フェリカ)を搭載し、おサイフケータイ対応サービスの利用が可能。通知機能では、スマホと連動して電話やメールの着信/SNSの更新などを7色のLEDと振動で通知する。また、ログ機能では搭載した活動量計により、一日の歩数や消費カロリーなどを専用アプリ(アプリダウンロードはこちら)で確認できる。

関連記事