オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
レコードクリーナー専用アタッチメントも登場

【TIAS】ノア、ENIGMAの静電&ダイナミックドライバーヘッドホン。真空管&MOSFETのヘッドホンアンプも

編集部:小澤 麻実
2015年09月26日
2015東京インターナショナルオーディオショウが25日(金)から27日(日)までの3日間、東京国際フォーラムにて開催されている。本稿ではノア、アーク・ジョイア、ハイエンドのブースのもようについてお伝えする。

ノア/アーク・ジョイア


ノアのブース

アーク・ジョイアのブース
4階G402、403にはノアおよびアーク・ジョイアがブースを構えている。

米ENIGMA ACOUSTICSからは、10月に発売予定のヘッドホン「DHARMA D1000」(実売18万円前後)と、ヘッドホンアンプ「Athena A1」(税抜24万円)が出展されている。

ヘッドホン「DHARMA D1000」とヘッドホンアンプ「Athena A1」

「DHARMA D1000」は高域に同社特許技術・SBESL(セルフバイアス式静電スピーカー)を、低域には和紙の製造技術を用いた50mmのダイナミックドライバーを採用するというユニークなハイブリッドドライバー構成のヘッドホン。オープン型で、再生周波数は15〜50,000Hzで、公称インピーダンスは26Ω。感度は95dB(1mW)で、最大入力は2,000mW。

ヘッドホン「DHARMA D1000」。ヘッドバンドには本革を、イヤーパッドにはプロテインレザーを採用。ハウジングはアルミ製

「Athena A1」は、入力段には双三極管ECC82/B749を用い、出力段にはMOSFETとバイポーラTrをA級動作で組み合わせたハイブリッド構成。ヘッドホンインピーダンスは16〜600Ωまで対応する。周波数特性は5〜20,000Hz。ボリュームはロータリーボリューム。フロントパネルには放熱効果の高いアルミを採用。周りにはガラスを用いており、真空管のほんのりとした光も楽しめる。外形寸法は117W×185H×134Dmmとデスクトップサイズだ。

ヘッドホンアンプ「Athena A1」

両機を組み合わせたサウンドは解像感が高くエネルギーに溢れ、低域から高域までバランスが良い。ブースを訪れたらぜひ聴いてみていただきたい。

米KLAUDiOの超音波振動式レコードクリーナー「CLN-LP200」用のアクセサリーとして、サイレンサー「SIL-01」(税抜24万円)およびディスクローダー「ATL-RCM05」(税抜42万円)が披露された。

サイレンサー「SIL-01」(右)とディスクローダー「ATL-RCM05」(左)

サイレンサー「SIL-01」は、レコードクリーナー全体をすっぽりと覆うことで、洗浄時に発生する騒音を低減するというもの。ディスクローダー「ATL-RCM05」は、レコードクリーナーの上部に取り付けることで、5枚のレコードを自動でローディングし洗浄してくれる。



Sonus Faberの、サイドパネルを交換可能な新スピーカー”Chameleon”シリーズ

audio researchからは真空管ステレオパワーアンプの新モデル「REFERENCE 75SE」(税抜150万円)が登場する


こちらはpear audioの新アナログプレーヤー「Robin Hood」。ナチュラル(右:税抜37.5万円)とラッカー(左:税抜42.5万円)仕上げがある

Alto-Extremoからは新インシュレーター「NeoFlex」シリーズ

ハイエンド

5階G509にはハイエンドがブースを構え、同社取扱ブランドを展示している。

ハイエンドのブース

新製品としては、近日発売を予定しているオランダMola-Moraのモノパワーアンプ「Kaluga」とプリアンプ「Makua」が登場した。

新製品となるモノパワーアンプ「Kaluga」とプリアンプ「Makua」を使ったデモを実施

「Kaluga」はクラスDアンプを採用し、100VAC時の出力は300W/8Ω、580W/4Ω、800W/2Ω。SN比は-128dBとなる。メインアンプ基板はMola-Mora独自設計のもの。オーディオ回路は必要最小限の機能に集約し、ケーブルは回路基板に直にハンダ付けしているという。

「Makua」は、全ステージにディスクリートアンプモジュールを搭載。ノイズの伝播を防ぐ構造としており、AC電源からの影響も受けにくいという。またオプションとしてDACとフォノイコライザーも用意している。

「Makua」はオプションとしてDACとフォノイコライザーも用意。後ろのぬいぐるみはブランド名(Mola-Mola)にもなっているマンボウ

関連記事