ロー・フィードバック・スキームを実現

ATOLL、価格を抑えつつ上位機の思想を継承したステレオパワーアンプ「MA100」

2014/10/29 ファイル・ウェブ編集部
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
DYNAUDIO JAPANは、ATOLLのステレオパワーアンプ「MA100」を11月中旬〜末に発売する。価格はオープンだが、80,000〜90,000円前後での実売が予想される。

「MA100」

MA100は、同社のUSB-DAC内蔵ヘッドホンアンプ「HD100」と同ラインとなるステレオパワーアンプ。HD100はプリ機能も備えているので、両機をコンビで使うことができる。

USB-DAC/プリ「HD100」とAM100を組み合わせたところ

内部構成については、上級機のAM200seおよびAM400の実績と経験に基づいて開発したとのこと。同社アンプの特徴であるロー・フィードバック・スキームを本機も実現し、相互変調において優れた成果が得られるという。また本機でも入力段トランジスターにはローノイズのバイポーラー、出力段にはMOS-FETを採用し、アンプ構成はシンメトリカルとしている。


モノラルパワーアンプとしても使える切り替えスイッチをリアパネルに設け、プリアンプと電源スイッチを同期させるトリガー入力も装備している。RCAアナログ入力を1系統に加えて、RCAアナログ出力も1系統備える。出力は60W×2(8Ω)/80W×2(4Ω)、周波数特性は5Hz〜200kHz。外形寸法は320W×83H×230Dmm、質量は4.0kg。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク

トピック

新着記事を見る
  • ジャンルパワーアンプ
  • ブランドATOLL
  • 型番MA100
  • 発売日2014年11月中旬
  • 価格¥OPEN(市場想定価格80,000〜90,000円前後)
【SPEC】●入出力端子:RCAアナログ入力/出力×各1 ●出力:60W×2(8Ω)/80W×2(4Ω) ●周波数特性:5Hz〜200kHz ●外形寸法:320W×83H×230Dmm ●質量:4kg