オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
iPodドック搭載の「Stingray iTUBE」など

フックアップ、米Manley製品の取り扱いを開始 − 真空管プリメイン「STINGRAY」シリーズ2製品から

ファイル・ウェブ編集部
2011年10月31日
(株)フックアップは、米Manley Laboratories(マンレーラボラトリーズ)社製品のオーディオ製品の取り扱いを開始。第一弾としてプリメインアンプ「STINGRAY」シリーズ2製品を2011年11月4日より発売する。

STINGRAY II(RCA×3+ステレオミニ)¥630,000(税込)
STINGRAY iTUBE(RCA×3+iPodドック)¥682,500(税込)

Stingray II

Stingray iTUBE

1997年に米国で発売されヒットモデルとなった「STINGRAY」と同じ真空管回路の上に改良を施したモデル。デザインは信号経路レイアウトの純度と対称性のための最適な部品配置に細心の注意を払った結果、考え出されたという。

また、真空管増幅によるヘッドホンアンプとしても利用可能。正面右側のヘッドフォン端子にはスピーカー出力に向かう信号が供給がされるため、接続するとスピーカー出力およびサブウーファー出力はミュートされる。

無線周波(RF)、赤外線技術(IR)の両方で動作するリモコンを付属。ボリューム、LRバランス調整、入力切替、そして「STINGRAY iTUBE」ではiPodの操作もリモコンで行える。なお、本体にはS-ビデオ出力端子も備え、iPodのビデオ出力にも対応している。

端子部の様子

そのほか端子類は、両モデルともRCA3系統を装備することに加え、「STINGRAY II」はステレオミニジャック、「STINGRAY iTUBE」はiPodドックを搭載。周波数特性は15Hz〜58kHz,-1dBで、ゲインが最大音量35dB以上。外形寸法は約482.6W×190.5H×355.6Dmm、質量が約15kg。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルプリメインアンプ
  • ブランドMANLEY LABORATORIES
  • 型番STINGRAY II
  • 発売日2011年11月4日
  • 価格¥630,000(税込)
【SPEC】●周波数特性:15Hz〜58kHz,-1dB ●ゲイン:最大音量35dB以上 ●端子類:RCA×3、ステレオミニ、レコーディング出力、サブウーファー出力、ヘッドホン出力他 ●外形寸法: ●質量:約482.6W×190.5H×355.6Dmm ●質量:約15kg
  • ジャンルプリメインアンプ
  • ブランドMANLEY LABORATORIES
  • 型番STINGRAY iTUBE
  • 発売日2011年11月4日
  • 価格¥682,500(税込)
【SPEC】●周波数特性:15Hz〜58kHz,-1dB ●ゲイン:最大音量35dB以上 ●端子類:RCA×3、iPodドック、レコーディング出力、サブウーファー出力、ヘッドホン出力他 ●外形寸法: ●質量:約482.6W×190.5H×355.6Dmm ●質量:約15kg

関連記事