オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
SEKRIT DS-Iより先に登場

リンジャパン、「MAJIK DS-I」を発売 − DS機能と100W Chakraアンプを一台に

Phile-web編集部
2009年10月21日

リンジャパンは、DS プレーヤー機能とプリメインアンプを一体化させたLINN「MAJIK DS-I」を11月2日に発売する。価格は504,000円(税込)。本体色はブラックとシルバーを用意する。

同社は10月に「SEKRIT DS-I」を発表(関連ニュース)し、インターナショナルオーディオショウでもデモを行ったが、本機はその上位機に位置づけられる。

「MAJIK DS-I」(ブラック)

「MAJIK DS-I」(シルバー)

同社によれば、DSプレーヤー部のクオリティは「MAJIK DS」と同等と考えられると言う。最高192kHz/24ビットのFLAC/Apple Lossless/WAV/AIFF/AAC/MP3データをネットワーク経由で入力し、再生することが可能。低サンプリングレートの音声データも、内部でアップサンプリングして高音質化することができる。

アンプ部は100W+100WのChakraアンプで、同社の「MAJIK 2100」のものとほぼ同様。電源部は「Dynamik power supply」が用いられている。

入出力端子が充実しているのも特徴で、デジタル入力は光デジタル3系統/同軸デジタル3系統、デジタル出力は光デジタル1系統/同軸デジタル1系統。RCAアナログオーディオ入力は4系統で、うち1系統はMM対応のPHONO入力として使用できる。また、プリアウト/ラインアウトもそれぞれ1系統を装備している。

入出力端子が非常に充実している

さらに前面には3.5mmのヘッドホンジャックも装備。またIR出力2端子、RS232入出力端子も装備している。

【問い合わせ先】
(株)リンジャパン
TEL/0120-126173

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルその他
  • ブランドLINN
  • 型番MAJIK DS-I
  • 発売日2009年11月2日
  • 価格¥504,000(税込)
【SPEC】●対応音声フォーマット:FLAC/Apple Lossless/WAV/AIFF/AAC/MP3(最大192kHz/24ビット) ●出力:100W+100W ●デジタル入力:光デジタル3系統、同軸デジタル3系統 ●デジタル出力:光デジタル1系統、同軸デジタル1系統 ●アナログオーディオ入力:RCA4系統(うち1系統はMM対応のPHONO入力として使用可能) ●アナログオーディオ出力:プリアウト1、ラインアウト1、3.5mmヘッドホン端子1 ●その他端子:イーサネット1、IR出力2、RS232入力1/出力1 ●外形寸法(フット部除く):381W×80H×355Dmm ●質量:4.9kg

関連記事