<炭山アキラのCEATECレポート>オーディオマニアが注目したいCEATECのみどころ

2006年10月04日
 
ムラタセイサク君に装着されていたスピーカーの単体はこちら。こういう会場だから音量はささやかなものだが、素性の良さは明確に聴き取ることができた。超ワイドレンジ・トゥイーターとして有望なのでは

この記事の画像一覧


関連記事