確定契約を締結

ソニーが電池事業を村田製作所に売却。約175億円、社員8,500名も移籍

編集部:風間雄介
2016年10月31日
ソニー(株)と村田製作所(株)は、ソニーグループの電池事業を村田製作所に譲渡する件について、法的拘束力を有する確定契約を締結したと発表した。2017年4月上旬を目途に取引完了を目指す。

譲渡金額は約175億円。対象となる電池事業の範囲は、ソニーの国内100%子会社であるソニーエナジー・デバイスの電池事業、ソニーが中国やシンガポールに持っている製造拠点、またソニーグループの販売拠点や研究開発拠点のうち、電池事業に関連する資産や人員。

対象事業に携わるソニーグループの社員約8,500名は、取引完了後、村田製作所グループにて雇用を受け入れる予定。

なお、現在ソニーブランドで展開しているUSB ポータブル電源やアルカリ乾電池、ボタン・コイン電池、モバイルプロジェクターなど一般消費者向け事業については、 今回の取引対象に含まれていない。

関連リンク

関連記事