オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
リビングでの使用も視野に

村田製作所、同軸ユニット搭載のブックシェルフスピーカー「ES701 Suono 京」を発売

Phile-web編集部
2009年09月30日
(株)村田製作所は、ブックシェルフスピーカー「ES701 Suono 京」を10月から予約受け受けを開始し、11月上旬に出荷開始する。価格は168,000円(ペア/税込)。

「ES701 Suono 京」

リビングルームでの使用も視野に入れている

イタリア語で「音」という意味を持つ「Suono(スオーノ)」と、村田製作所が京都府にあることから「京」の文字を組み合わせた。

本体外形寸法は212W×312H×247Dmm、質量は5kgと小型なブックシェルフスピーカー。オーディオファンだけでなくエントリー層も意識し、リビングルームで良い音を聴きたいといったニーズにも対応するよう設計した。

同社では以前から、半球圧電セラミックが振動して発音する球形スピーカー“ハーモニックエンハンサー”を提案してきたが、これをフルレンジユニットの中央に配置した同軸フルレンジユニットを搭載。ユニット口径は13cmで、ウーファーの振動板にはポリプロピレンを採用している。同社ではハーモニックエンハンサーを採用したことで応答速度が高まり、音の立ち上がりや立ち下がりを正確に再現できると説明している。平均音圧レベルは85dBで、周波数帯域は70Hz〜20kHz。最大入力は30W。

キャビネットの側面には天然木を、バッフルと天面、側面、裏面にはMDFを採用した。内部には定在波を抑える工夫も施しているという。

【問い合わせ先】
村田製作所
TEL/0120-015-008

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドMURATA
  • 型番ES701 Suono 京
  • 発売日2009年11月上旬
  • 価格¥168,000(ペア/税込)
【SPEC】●形式:ハーモニックエンハンサー同軸搭載フルレンジスピーカー ●平均音圧レベル:85dB ●周波数帯域:70Hz〜20kHz ●最大入力:30W ●推奨アンプ出力:25W〜100W ●定格インピーダンス:6Ω ●外形寸法:212W×312H×247Dmm ●質量:5kg

関連記事