オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
ブラックモデルは全5機種に

テクニクス、最上位プリメイン「SU-R1000」/ターンテーブル「SL-1500C」に新色ブラック追加

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:平山洸太
2021年09月07日
パナソニックは、テクニクスブランドのプリメインアンプ「SU-R1000」、ターンテーブル「SL-1500C」にブラックモデルを追加。11月26日から発売する。価格は従来同様で、SU-R1000が913,000円、SL-1500Cが110,000円(どちらも税込)。

「SU-R1000」

「SL-1500C」

これまでシルバーモデルのみだったが、新たにブラックモデルが展開される格好。生活様式が変化し、在宅時間が増えているなかで、音楽リスニングの場面も増加。現在使用中のアンプやプレーヤーなどのオーディオ機器と色を合わせたいという要望も多く、それに応えるために追加を決定したという。これにより、同日発売となるプリメインアンプ新製品「SU-G700M2」を含めると、テクニクスのブラックモデルは5機種のラインナップになる。

SU-R1000は、テクニクスブランド最上位となるプリメインアンプ。アンプ部には、フルデジタルアンプ「JENO Engine」やLAPCといった、これまでのセパレートアンプにも搭載していた同社独自の技術を採用。低ノイズでクリアな音質や広大なサウンドステージを実現したとしている。

またSL-1500Cは、上位機種と同等の技術を盛り込んだ、エントリークラスのターンテーブル。S/Nや回転精度に優れた「コアレス・ダイレクトドライブ・モーター」によるダイレクドドライブ方式、2層構造のプラッターや筐体を採用する。

関連記事