オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
テクニカのカートリッジを標準装備

テクニクス、エントリークラスのアナログプレーヤー「SL-100C」海外発表

  • Twitter
  • FaceBook
ファイルウェブオーディオ編集部・筑井真奈
2021年04月22日
テクニクスは、ダイレクトドライブ方式のアナログプレーヤー「SL-100C」を海外発表した。価格は未発表だが、SL-1500Cよりも低価格になると発表されている。日本国内での導入などは未定。イギリスでは7月21日発売で、Amazon.co.ukでのみ販売する。

TECHNICS「SL-100C」

ヨーロッパのテクニクス・プロダクトマネージャーによると、「SL-1500C」はハイファイを求めるオーディオ愛好家に高く評価され、大成功を収めたが、市場からはさらに手頃な価格のアナログプレーヤーに対する期待が多く寄せられるようになったという。SL-100Cは、その要望に応えるべく開発されたもので、テクニクスのターンテーブルの核である「コアレス・ダイレクトドライブ・モーター」や、アルミニウム製のユニバーサルトーンアームは引き続き搭載される。

カートリッジには、オーディオテクニカ製のVMカートリッジ「AT-VM95C」を標準装備する。高剛性のキャビネットに、制振対策を施した2層構造のプラッターを搭載。また、内周まで再生されると自動で針が上がるトーンアームのオートリフト機能も搭載される。

オーディオテクニカの「AT-VM95C」を標準装備

関連記事