オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
棚板にはロシアンバーチを採用

ティグロン、マグネシウム合金支柱を採用したオーディオラック「GRAND MAGNESIA」

  • Twitter
  • FaceBook
ファイルウェブオーディオ編集部・筑井真奈
2021年06月08日
ティグロンは、支柱の素材にマグネシウム合金を採用したオーディオラック「MAGNESIA」をさらに発展させた「GRAND MAGNESIA(グランドマグネシア)」を6月より発売する。ラインアップは1段〜5段まで用意され、支柱の高さは、70/150/200/280/330mmから選択可能。

GRAND MAGNESIA(写真は3段のもの)

価格は以下の通り。
GMR-1(1段)72,600円(税込)
GMR-2(2段)145,200円(税込)
GMR-3(3段)217,800円(税込)
GMR-4(4段)290,700円(税込)
GMR-5(5段)363,000円(税込)

「GRAND MAGNESIA」は、機器間の共振を抑制するために、1段ごとに新開発の「GMRスパイク」を採用。新技術のチューニングリング「D-REN RING」も挟み込んでいる。

棚板は、水分量をコントロールした特殊ロシアンバーチで製作した「GMR-RB」を採用。マグネシウム合金支柱の二重円筒内部には「特殊シリコン素材」を充填し、細部に至るまで振動をコントロールするとしている。

なお、既発売の「MAGNESIA」からのグレードアップも対応予定としている。

関連リンク

関連記事