オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
Clone1/Clone2シリーズにラインナップ追加

光城精工、イヤホン端子に挿すアースケーブル「Clone1T3」「Clone2T3」

編集部:小野佳希
2020年11月10日
光城精工は、自社ブランドのKOJO TECHNOLOGYより、3.5mmステレオミニのイヤホンジャックに挿入して使用するアースケーブル「Clone1T3」「Clone2T3」を12月1日に発売する。価格は各8,800円(税抜)。

Clone1T3

「Clone1T3」は内部導体にPC-Triple Cを採用したモデルで、「Clone2T3」は超高純度6NCuを中心に高機能純銅線HiFC、高純度無酸素銅線PCUHD、高純度無酸素銅OFC の4種類の素材を独自構成でハイブリッド化したモデル。

Clone2T3

YラグやRCA、XLRと各端子形状のモデルを展開しているClone1/Clone2シリーズへ新たに3.5mmステレオミニ端子モデルが加わった格好。もう一端のY端子を仮想アースなどに接続して使用する。

音質傾向の違いについて同社では、「Clone1T3は全体的にほんのり明るく朗らで見通しが良く、高域の伸び、余韻が綺麗でバランスに優れている」と説明。「Clone2T3は高解像度に加え、前に前に出てくる様が見てとれ、奥行き感、立体感が増す他、中高域の艶、余韻に優れている」としている。

3.5mmステレオミニプラグには、酸化を防ぐ金メッキ製を採用。端子カバーも真鍮削り出しにローレット加工を施すなどで使い勝手を向上させている。

もう一方のY型端子は専用圧着工具による急激な圧着加工効果によって圧着部とケーブルを融着一体化。こちらも酸化防止となる金メッキを採用している。また、シースにはポリエチレンテレフタレート(UL/CSA規格)素材からなる編組チューブを採用するなどで、継続的な耐摩耗性も実現したとしている。

関連記事