変換ケーブルのハイスタンダードモデル

BriseAudio、約3万円のポータブルオーディオ用変換ケーブル「YATONO-CONV LE」

編集部:成藤 正宣
2020年10月22日
ブリスオーディオは、ポータブルオーディオ用変換ケーブル「YATONO-CONV LE」9モデルを10月30日から発売する。各モデルとも税抜30,000円前後での実売が予想される。

「YATONO-CONV LE」(全9モデル)

ジャック-プラグの組み合わせは、4.4mm 5極ジャックから2.5mm/3.5mm 4極/3.5mm 3極プラグ、2.5mm 4極ジャックから4.4mm/3.5mm 4極/3.5mm 3極プラグ、3.5mm 4極ジャックから4.4mm/2.5mm/3.5mm 3極プラグをラインナップする。

3種類のバランス端子の相互変換、およびバランス端子から3.5mm 3極端子への変換を行う(写真は2.5mmジャック-4.4mmプラグの組み合わせ)

同社のイヤホンリケーブル「YATONO-LE」と同じコンセプトで開発したという、変換ケーブルのハイスタンダードモデルと位置づけるシリーズ。線材はフラグシップリケーブル「YATONO」、およびYATONO-LEと共通の高機能高純度銅導体を採用する。

4.4mm/2.5mm/3.5mm 4極/3.5mm 3極の各プラグは、新開発のオリジナルL字プラグを採用。同社が追求する音質を実現するために材質や剛性などに配慮した設計で、実使用上非常によく手に馴染み、高級感も兼ね備えたとしている。

標準ケーブル長は8cm。オーダーメイドにて端子の組み合わせ/ケーブル長のカスタマイズも受け付ける。

関連記事