オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
専用ローカット・ネットワークボックスも用意

フォステクス、ホーンスーパートゥイーター「T500A MkIII」を9月下旬から通常販売

編集部:平山洸太
2020年09月16日
フォステクスカンパニーは、ホーンスーパートゥイーター「T500A MkIII」、および専用ローカット・ネットワークボックス「NW500」を9月下旬に発売する。価格は、T500A MkIIIが140,000円、NW500が30,000円(どちらも税抜)。

「T500A MkIII」

「NW500」

3月下旬に数量限定で発売された製品が、通常販売される格好だ。

振動板には、金属特有の鳴きが少ないという、新開発のリング形状純マグネシウム振動板を搭載する。振動板を支えるダイアフラムリングにはタングステンシートを使用し、不要振動による音質劣化にも配慮する。

円筒形ホーンとイコライザーは、精密切削加工を施した真鍮無垢剤を使用。磁気回路はアルニコマグネットを2段に重ねた構造で、ポールピースの表面には銀メッキ処理を施している。

入力端子は銅切削によるバナナプラグ対応の金メッキターミナルで、ダークブラウンに着色をしたウォールナット突板仕上げのトゥイーターベースも付属する。インピーダンスは8Ωで、再生周波数帯域は7 - 40kHz。また、出力音圧レベルは104db/W(1m)で、総重量は5,150g。

また、専用のローカット・ネットワークボックス「NW500」は、外観にウォールナット突板を採用。制振効果の高いタングステンシートをボックス内部に貼ることで、不要な振動発生の抑制を図っている。

ネットワーク素子には、オリジナルのフィルムコンデンサー「CSシリーズ」を採用するほか、内部配線には銀・同合金単線を使用する。端子や結線箇所は全て金メッキ処理が施される。インピーダンスは8Ω、カットオフ周波数は120kHzとなる。外形寸法は100W×66.2H×120Dmm(ターミナル含む)で、質量は440g。

関連記事