オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
Delphinus/Cygnus/Pegasus

Chario、「Constellation MkII」スピーカーを拡充。イタリアン・ウォールナット無垢材使用の3モデル追加

編集部:押野 由宇
2020年07月29日
タイムロードは、同社が取り扱うCharioブランドのスピーカー「Constellation MkII」シリーズとして、新たに「Delphinus」「Cygnus」「Pegasus」の3モデルを8月1日より発売する。価格はすべてオープンだが、Delphinusが税抜298,000円前後、Cygnusが税抜498,000円前後、Pegasusが税抜598,000円前後での実売が予想される。

「Constellation MkII」シリーズに3モデルが追加

Constellation MkIIシリーズとしてはブックシェルフスピーカー「Lynx」が2019年8月1日に発売されており、それから1年を経てラインナップが拡充する格好だ。これにより同シリーズが完結する、と説明されている。

Delphinusは2ウェイブックシェルフ型スピーカーで、160mmウーファーと38mmソフトドームトゥイーターを搭載。これにより豊かな低域を実現するとともに、濃密かつ自然な音色とサウンドイメージを実現したとする。

「Delphinus」

キャビネットはイタリアン・ウォールナットの無垢材、HDF(高密度繊維板)を採用。専用のペーパーコーンウーファー、クロスオーバーネットワークなど、各マテリアルも徹底的に吟味されたもので、イタリア・ヴィツェンツァの工房で職人の手作業によって組み上げられている。

キャビネットに無垢イタリアン・ウォールナットとHDFを使用した2ウェイブックシェルフスピーカー

感度は90dB、低域周波数は55Hz(-3dB)。クロスオーバーポイントは1500Hzで、インピーダンスは4Ω。外形寸法は230W×410H×330Dmm、質量は12kg。

Cygnusは3ウェイトールボーイスピーカーで、Charioのトールボーイスピーカーとしてエントリーに位置づけられる。フロントに38mmソフトドームトゥイーターおよび130mmペーパーコーンウーファーを搭載し、底面にはサブウーファーとしてもう1基130mmペーパーコーンウーファーを備える。

「Cygnus」

キャビネットは仰角のついた独自のもので、デザイン性を高めると同時に指向性をコントロールする音質的メリットも有するものとなる。底面ユニットは、対向したベース部の角度と距離を調整し、前面に向かって開口する構造により低域をコントロール。スリムなシルエットながら、タイトかつ量感のある低域を獲得するとともに、音の強弱や細部の再現性を高めたとする。

フロントのほか、底面にウーファーユニットを1基搭載する

感度は87dB、低域周波数は50Hz(-3dB)。クロスオーバーポイントは170/1500Hz、インピーダンスは4Ω。外形寸法は200W×955H×270Dmm、質量は17kg。

仰角のついた独自デザインを採用

Pegasusはシリーズのトップモデルとなる3ウェイトールボーイスピーカー。Cygnusと同様にフロント、本体底面にユニットを搭載する構造を採用。本機はペーパーコーンウーファーの口径が160mmと大きくなっている点が特徴となる。

「Pegasus」

キャビネットもCygnusと同じく仰角をつけたデザインを採用。シリーズ共通の特徴となるイタリアン・ウォールナットの無垢材およびHDFで仕上げられている。

160mm口径のウーファーで低域を強化

感度は87dB、低域周波数は45Hz(-3dB)。クロスオーバーポイントは170/1500Hz、インピーダンスは4Ω。外形寸法は230W×1030H×370Dmm、質量は26kg。

関連記事