専用アプリから音響調整可能

Marshall、ワイヤレススピーカー「Stanmore BT II」「Acton BT II」新色ブラウン

編集部:川田菜月
2020年07月22日
完実電気は、同社が取り扱うMarshall(マーシャル)ブランドより、ワイヤレススピーカー「Stanmore BT II」「Acton BT II」の新色ブラウンを7月30日に発売する。価格はStanmore BT IIが50,600円(税込)、Acton BT IIが35,200円(税込)。

「Stanmore BT II」

「Acton BT II」

Stanmore BT IIはSBCに加えて、aptXコーデックにも対応したワイヤレススピーカー。50Wのウーファー用D級アンプを1基、15Wのトゥイーター用D級アンプを2基内蔵し迫力あるサウンドを実現する。また特殊加工のビニールカバー、ソフト&ペッパーフレット、象徴的なスクリプトロゴが施されたクラシックな外観も特長で、既存色はブラック/ホワイト。

「音量」「低音」「高音」を調整するコントロールノブを装備。Bluetoothバージョンは5.0、2つのBluetoothデバイスに接続できるマルチホスト機能に対応。「Marsha ll Bluetoothアプリ」を用いて好みのサウンドに調整も可能。外径寸法は35W×19.5H×18.8Dcm、質量は約4.65kg。3.5mmステレオミニプラグ、RCA入力端子も備える。

「音量」「低音」「高音」の調整ノブ、RCA入力端子なども装備

Acton BT IIはマーシャル製スピーカーの中でも最もコンパクトなモデルで、コーデックはSBCをサポート。30Wのウーファー用D級アンプを1基、15Wのトゥイーター用D級アンプを2基を内蔵し、ダイナミックなステレオサウンドを再現するとしている。既存色はブラック/ホワイト。

本機もStanmore BT II同様に、Bluetoothはバージョン5.0、2台までのマルチホスト機能に対応。専用アプリからのサウンド調整も可能だ。

また同じく「音量」「低音」「高音」の調整ノブも装備。再生周波数帯域は50Hz - 20kHz、最大音圧レベルは96dB@1m。外形寸法は26W×16H×15Dcm、質量は約2.85kg。入力端子には3.5mmステレオミニプラグを装備する。

関連リンク

関連記事