オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
抵抗負荷/キャパシタンス負荷/ゲインを細かに調節可能

ELECTROCOMPANIET、細かな設定に対応したフォノイコの後継機「ECP 2 MKII」

編集部:成藤 正宣
2020年03月31日
シーエスフィールドは、同社が取り扱うELECTROCOMPANIET(エレクトロコンパニエ)ブランドより、フォノイコライザーの新製品「ECP 2 MKII」を4月1日から発売する。価格は450,000円(税抜)。

「ECP 2 MKII」

2015年に発売した従来モデル「ECP 2」のフロントプレート、シャーシ塗装、構成部品を一新した後継モデル。本製品の発売と入れ替わりに、ECP 2は在庫限りで販売を終了する。

入力段はMM/MCに関わらず、カートリッジにあわせて抵抗負荷を10〜47kΩ、キャパシタンス負荷を0〜350pFまで詳細に設定が可能。全体のゲインも5dBステップで調整できる。

カートリッジに合わせた細かな調整が可能

標準RIAA再生イコライゼーションカーブに厳密に従い、反ったレコードの再生時などに発生する不要な信号をフィルタリングするための急峻な低周波ロールオフも搭載する。

背面

入力端子はRCA×1、出力端子はXLR×1/RCA×1を搭載。最大出力レベルは17.5Vrms(+25dB V)。外形寸法は470W×373H×78Dmm、質量9kg。

関連記事