オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
高精度なDCドライブACパワージェネレーター内蔵

Pro-ject、ベルトドライブ式ターンテーブル「X1」。創業モデル「Pro-Ject 1」直系の後継機

PHILE WEB編集部
2019年11月21日
ディーアンドエムホールディングスは、同社が取り扱うPro-jectブランドから、ベルトドライブ式ターンテーブル「X1」を発売する。価格は110,000円(税抜)。

「X1」ハイグロス・ブラック

同社創業のきっかけとなったターンテーブル「Pro-Ject 1」直系の後継モデル。本製品で7世代目となる。シンプルな設計、高品質素材の使用、ヨーロッパの熟練職人によるフルハンドメイドというコンセプトを継承しながら、「伝統的な技術に現代の新素材を融合した」としている。

カラーはハイグロス・ブラック/ハイグロス・ホワイト/マット・ウォルナット3種類をラインナップ。発売時期はマット・ウォルナットは11月末、ハイグロス・ブラック/ホワイトは12月下旬を予定している。

マット・ウォルナット

ハイグロス・ホワイト

ベルトドライブ式の回転機構には、超低ノイズかつ超低振動のACシンクロナスモーターを採用。内蔵したDCドライブACパワージェネレーターによって正確な動作が可能だという。また、従来モデルにはなかった45/33回転の電子切り替えスイッチを搭載。さらなる高音質化のため、モーターは新サスペンションシステムによりデカップリングされマウントされている。なお、78回転への切り替えのみベルト変更が必要となる。

8.6インチ長のストレートトーンアームを装備し、カーボンとアルミの二重構造を採用することでカーボンアーム特有の共振を大幅に低減。カウンターウェイトの背面内部にもTPEダンピング処理を施すことでさらに共振を防いでいる。

超低摩擦4点支持カルダンベアリングを採用。これにより正確なトラッキングを可能にしたという。VTA/アジマス調整ネジはフルアジャスタブルとし、幅広いセッティングに対応する。

カートリッジにはオルトフォンと共同開発のMM型「Pick it S2 MM」(楕円針)を標準装備。トーンアームの有効長は218.5mm、有効質量は10g、適合カートリッジ質量は7g - 10g(標準のカウンターウェイト装着時)で、針圧調整範囲は0 - 30mN(PICK IT S2MMの適正針圧:18mN)となる。

シャーシには重量級のMDFを、プラッターには従来オプション品として取り扱われていた20mm1.5kgの重量級アクリルプラッターを用いて共振をコントロール。グロスフィニッシュのモデルは熟練職人による8層ハンドポリッシュ仕上げ、ウォルナットモデルは天然木のツキ板を採用する。いずれもフット部には高さ調整可能でハウリングにも強い三点支持の高剛性フットを装備している。

回転偏差は33回転/0.30%、45回転/0.25%で、ワウフラッターは33回転/0.15%、45回転/0.13%。外径寸法は415W×125H×335Dmmで、質量は7.0kg。

関連リンク

関連記事