オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
日本国内限定仕上げも用意

Pro-Ject、X-LINEシリーズの上位ターンテーブル「XTENSION10TA」「X2」

編集部:小澤麻実
2020年04月13日
ディーアンドエムホールディングスは、同社が取り扱うPro-Jectブランドのアナログプレーヤー「XTENSION10TA」「X2」を6月下旬に発売する。各モデルの詳細は以下のとおり。

XTENSION10TA ¥600,000(税抜)6月下旬発売

「XTENSION12RS」「XTENSION9TA」に次ぐベルトドライブ式のハイエンド・ターンテーブル。外形寸法は480W×240H×400Dmm(ダストカバー装着時)、質量26.0kg。ピアノブラックに加え、日本国内限定となるウォルナット・バール仕上げも用意。どちらもPro-Jectの自社工場内で、熟練の職人によってハンドメイドされる。

XTENSION10TA(ピアノブラック)

XTENSION10TA(ウォルナット・バール)

搭載するシンクロナスACモーターは、自社製モーターアーム内でもトップグレードの機種のなかから更にノイズ特性の優れた個体を選別したもの。さらにビルトイン・スピードボックスを搭載し、高精度な回転制御を実現する。回転数は33/45/78に対応し、回転偏差は±0.09&(max)。微調整用のピッチコントロールボタンも備え、±20段階の調整も可能だ。

TPEダンピング処理を施した9.5kgのアルミニウムプラッターを採用。こちらにはレコード盤と同じ素材のヴァイナルを熱処理して貼り付けており、ターンテーブルマットとしても機能するとのこと。

プラッターを支える軸受には、最上位機「XTENSION10TA」と同じく磁力式サポートシステムを採用することで、重量を緩和しスムーズな回転を実現。

トーンアームは、オルトフォン製の9インチ・ショート・トーンアーム「TA-110」を標準装備。こちらは日本未発売品で、トーンアームのみの販売は不可。有効長は231.0mmで、針圧調整範囲は0〜3g(付属の追加ウェイト装着時は0〜4g)。ヘッドシェル「LH-2000E」が付属し、対応カートリッジの重量は18〜40g(シェル含む)。

そしてトーンアームを支えるシャーシには“最高品質のMDF材”を使用したとし、シャーシ内やプラッターペアリングの周囲には大型のメタルセンターブロックを内蔵。これらにより発生する振動を吸収・熱に変換することで、ベアリングやプラッターに余計な振動を伝えないという。シャーシフットには高さ調整可能な四点支持のマグネットフローティングフットを備え、共振を抑えている。


X2 ¥170,000(税抜)6月下旬発売

昨年発売された「X1」の上位機種。マットブラック/マット・ウォルナット/マット・ホワイトの3種類の仕上げを用意。マット・ウォルナットのみ「6月末発売」となっている。外形寸法は460W×150H×340Dmm(ダストカバー装着時)、質量は10.0kg。

X2(マットブラック)

X2(マット・ウォルナット)


X2(マット・ホワイト)
DCドライブACパワージェネレーターを内蔵し、供給されたDC電流をクリーンで安定したAC電流に変換。これによりACシンクロナスモーターを正確に動作させるという。

また、45/33回転の電子切り替えスイッチを新搭載し利便性を向上。78回転にも対応するが、ドライブベルトの掛け替えが必要となる。

ACシンクロナスモーターは、シャーシに新サスペンション・システムによってデカップリングされてマウント。モーターからの振動をトーンアームやシャーシに伝えない工夫がなされている。

標準搭載のトーンアームは自社製の9インチ長のストレート・トーンアーム。カーボン/アルミ二重構造とすることでカーボン特有の共振を低減した点がメリットだ。有効長は230mm。またカウンターウェイトの背面内部にはTPEダンピング処理を施し、共振を防止。ベアリング部には超低摩擦の4点支持カルダンベアリングを採用し、正確なトラッキングを実現するという。

オルトフォン製のオリジナルMMカートリッジ「PICK IT 2M SILVER」(楕円針)が付属。交換針も別売されている(税抜1万円:販売はD&Mが実施)。

シャーシは厚みのあるMDF製で、高さ調整可能な3点支持のフットを搭載。プラッターは30mm厚・2.0kgの重量級アクリルプラッターとなっている。

関連リンク

関連記事