オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
リラクゼーション・プログラムを向上

AFI、レコードの反りと“ストレス”改善デバイスに機能強化モデル「flat.2」

編集部:押野 由宇
2019年03月15日
シーエスフィールドは、独AFI(Audio Fidelity Improvement)ブランドの多機能レコード・フラットナー&リラクゼーション・デバイス「flat.2(フラットドットツー)」を、本日3月15日より発売する。価格は700,000円(税抜)。

「flat.2」

レコード盤のプレス時に発生する物理的ストレスの除去に着目し、レコード・フラットナーに業界初のリラクゼーション機能を搭載した第一弾「flat.(フラットドット)」(関連ニュース)の、改良型となるモデル。

ビニール・レコードを非常にゆっくりと均一に加熱(およびその後冷却) し、巧みに温度をコントロールしながらレコード盤をリラックスさせストレスを除去するという「リラクゼーション・プログラム」を向上。

さらに、プログラムを自動補正するための室内温度センサーの搭載、ディスプレイのコントラスト調整機能、電源スイッチの追加などの改良を行った。

レコード・フラットナーとしては、特殊フラットマットと高品質な制御回路装置を使用することで、極めて均一な熱分布を実現することで、レコード、マキシおよびシングル盤の反りやゆがみを大幅に低減するとしている。さらにプリセット・プログラムで簡単な操作が行えるほか、スタンダード・プログラムやマニュアル設定が可能なエキスパート・プログラムも用意した。

筐体には安定性を強化した高級硬質ガラスを採用。操作にはマグネティックペンを使用し、接点の安全性と長期耐用化を配慮した高品質磁気スイッチを備える。外形寸法は400W×55H×500Dmm、質量は8.7kg。

関連記事