ACアダプターを削減し、配線も整理

SOUND WARRIOR、デスクトップ・オーディオ向けパワーサプライ「SWD-PS10」

編集部:成藤 正宣
2019年03月13日
城下工業は、同社のオーディオブランド SOUND WARRIORの新製品として、デスクトップ向けオーディオ“SW Desktop-Audioシリーズ”用のパワーサプライ「SWD-PS10」を、3月16日より発売する。価格は63,000円(税抜)。

「SWD-PS10」

12V/0.7A DC出力端子を3系統、15V/1.2A DC出力を2系統を備える直流電源供給装置。SW Desktop-Audioシリーズの現行製品5モデル(CDトランスポート/USB-DAC/クロックジェネレーター/真空管パワーアンプ/真空管ヘッドホンアンプ)と同時に接続が可能で、それぞれにACアダプターを接続する必要がなくなるため、配線も整理できる。

背面

SW Desktop-Audioシリーズ 5モデルと接続可能

本機が搭載するRコアトランスは、円形断面/ノンカット鉄心を使用しているため、磁束漏れと振動が極めて少なく、高度なパワーレスポンスが特長とのこと。これにより電源部で発生する歪みやオーディオ回路への磁気的な影響を解消でき、SW Desktop-Audioシリーズの音質をワンランク上にアップグレードできるとしている。

外形寸法は210W×68H×250Dmm、質量約3.3kg。電源コード1本、DCコード5本が付属する。

関連記事