オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
アップデーターを新たに公開

ティアック、アップデート用exeファイルがウィルスとして誤検知される問題に対応

編集部:平山洸太
2018年12月25日
ティアックは、ネットワークプレーヤー「NT-505」、USB-DAC/ヘッドホンアンプ「UD-505」のファームウェアアップデーターが、ウイルスとして誤検知された問題について発表した。

「NT-505」

「UD-505」

「NT-505」「UD-505」のシステムファームウェアアップデーター「Win_DFU_driver.exe」が、Windows10の一部のバージョンにおいて、ウイルスとして検知されてしまうことが確認されたという。

なお同アップデーターにはウイルスが混入されていないことが確認されている。

同社はこの誤検知を回避するため、過去に公開されたアップデーターを含め、ファイル構成の変更を行ったアップデーターを新たに公開したとしている。

関連記事