HOME > ニュース > ティアック、beyerdynamicプロ向けヘッドホン取り扱いを終了。サウンドハウスが正規代理店に

コンシューマー製品は取り扱い継続

ティアック、beyerdynamicプロ向けヘッドホン取り扱いを終了。サウンドハウスが正規代理店に

2018/12/14 編集部:成藤 正宣
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
ティアックは、独beyerdynamicのプロフェッショナルシリーズヘッドホンの取り扱いを、2018年11月30日をもって終了したことを発表した。今後、正規輸入代理店業務は(株)サウンドハウスが引き継ぐ。

ティアックが、「DT 990 PRO」等beyerdynamicのプロ向けヘッドホンの取り扱いを終了する

取り扱いを終了するのは、下記のプロフェッショナルシリーズヘッドホン本体、ならびにケーブル、交換用イヤーパッド類。「T1 2nd Generation」等コンシューマーシリーズのヘッドホンに関しては取り扱いを継続する。

また、プロフェッショナルシリーズの中でも例外的に「DT 990 Edition 2005シリーズ」「DT 880 Edition 2005シリーズ」のみ、引き続き同社が取り扱う。

同社では、これまで販売していた製品を含む今後の修理/サポート等のサービスについて、追ってWEBサイト上にて告知するとしている。

【ティアック取り扱い終了製品】
●「DT 108」シリーズ
●「DT 109」シリーズ
●「DT 1350」シリーズ
●「DT 150」シリーズ
●「DT 250」シリーズ
●「DT 252」
●「DT 280 MKII」シリーズ
●「DT 290 MKII」シリーズ
●「DT 770 M」
●「DT 770 PRO」シリーズ
●「DT 880 PRO」
●「DT 990 PRO」
●「DT 1770 PRO」
●「DT 1990 PRO」

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

トピック