オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
赤色の従来モデル「Ruby」価格改定も発表

トライオード、純白の真空管プリメイン「Pearl」。コンパクトな“ジュエリーシリーズ”

編集部:成藤正宣
2018年10月26日
トライオードは、自社ブランドの小型真空管プリメインアンプ「Pearl」を今年12月に発売する。価格は80,000円(税抜)。

「Pearl」

女性を含め様々なユーザーが使いやすいよう、コンパクトかつデザインを重視して設計された “ジュエリーシリーズ” の最新モデル。2012年に発売した初代モデル「Ruby」の赤い塗装に対してパールホワイトの塗装を施し、真空管照明も塗装に合わせたブルーLEDを採用している。

スペックについてはRubyと同等で、真空管は6BQ5×2、12AX7×2を搭載、回路は真空管の持ち味をそのままに引き出す純A級シングル構成としている。真空管のバイアスは自己バイアス方式を採用する。

コンパクトなサイズ以上の駆動力を持たせたとする

外形寸法190W×135H×180Dmmとデスクトップやベッドサイドにも設置できるサイズ感ながら、出力は3W+3W(8Ω)と駆動力も追求している。またヘッドホン出力も搭載し、真空管サウンドをヘッドホンでも楽しめるとする。

周波数特性は30Hz〜40kHz(±2dB)、SN比は88dB。入力感度は260mV、入力インピーダンスは100kΩ。消費電力は45W。質量は4.7kg。

なお、Pearlの発売から約1ヶ月後の2019年1月には、従来モデルRubyの価格改定を実施する。製造原価の高騰によるもので、これまでの75,000円(税抜)からPearlと同様の80,000円(税抜)へ値上げとなる。

従来モデルの「Ruby」は来年1月に価格改定を行う

関連リンク

関連記事