オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
ダンピングファクターを従来比20%アップ

アキュフェーズ、最新“AAVA”ボリュームを搭載で音質を向上させたプリメイン「E-480」

編集部:押野 由宇
2018年10月18日
アキュフェーズは、最新の「AAVA」方式のボリュームコントロールを搭載したプリメインアンプ「E-480」を発売する。発売は11月上旬を予定しており、価格は550,000円(税抜)。

「E-480」

プリアンプ部に搭載される「AAVA」方式ボリューム・コントロールは、可変抵抗器を使わずに、ゲインの異なる16種類のV-I変換アンプの組み合わせで音量を調整するもので、一般的なボリューム・コントロールのように音楽信号を抵抗器で減衰させないため、信号の劣化やインピーダンスの変化がなく、高いS/Nと低い歪率を維持したまま音量調整が可能としている。E-480では最も大きなゲインのV-I変換アンプを4回路並列化することで、余裕のある動作を実現し、信頼性と安定度をより高めたとする。

インスツルメンテーション・アンプ構成により、パワーアンプ部をフルバランス伝送化して高S/Nを実現。またMCS+回路と高域の位相特性に優れたカレント・フィードバック増幅回路や、ロジック・リレー・コントロール信号切替方式を採用する。

電力増幅段には、音質的評価の高いパワーMOSFETを3パラレル・プッシュプル構成で採用。さらに、「バランスド・リモート・センシング」による出力回路の低インピーダンス化により、ダンピング・ファクターは従来比20%アップとなる600を達成している。

本体内部

電源回路には大型トロイダル・トランスと、大容量40,000μFのフィルター・コンデンサーを搭載することで、安定した電力を供給する。また大型ヒートシンクを備えたパワーアンプ・ユニットを左右に配置しており、定格出力180W/8Ω、260W/4Ωの高出力を実現した。

ほか、アナログ・プレーヤーの操作時などに有効なアッテネーターや、低音の量感を増やすコンペンセーター、加算型アクティブ・フィルター方式のトーン・コントロールなどを搭載。プリアンプ部とパワーアンプ部が分離可能で、プリアンプ部出力とパワーアンプ部入力の双方にライン端子とバランス端子を装備し、バイアンプ接続にも対応する。

背面端子部

オプション・ボード増設スロットを2組備えており、「AD-50」「DAC-50」「LINE-10」といった同社オプション製品を搭載することで機能拡張が図れる。

全高調波歪率は両チャンネル同時動作、20Hz〜20kHz間で0.05%(4-16Ω負荷)。再生周波数特性はHIGH LEVEL INPUTが定格連続平均出力時で20Hz-20kHz(0 −0.5dB)、MAIN INが定格連続平均出力時で20Hz20k(0 −0.2dB)、1W出力時が3Hz-150kHz(0 −3.0dB)。ゲインはHIGH LEVEL INPUT→PRE OUTPUTで18dB、MAIN IN→OUTPUTが28dBとなる。

入力端子はRCA×5、XLR×2、パワーアンプ入力端子がRCA×2、XLR×1。プリアンプ出力はRA×2、XLR×1、レコーダー録音・再生端子にRCA×2を備える。外形寸法は465W×181H×428Dmm、質量は24.6kg。

関連記事