オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
発売前新製品の先行試聴も可能

<OTOTEN>JVCケンウッド、“Kシリーズ”のリボントゥイーター搭載ハイレゾスピーカー参考展示

編集部:小野佳希
2018年06月16日
オーディオビジュアル関連の様々なブランドが集うイベント「OTOTEN 2018」(事前来場者登録はこちら)が東京国際フォーラムで開幕。JVCケンウッドは、ケンウッド“K Series”の新製品としてリボントゥイーター搭載スピーカーなどを開発していることを明らかにした。

リボントゥイーター搭載スピーカーを参考出展

JVCケンウッドはガラス棟4階のG410室、D棟のD401室、そしてガラス棟地下1階ロビーギャラリーのハイレゾカーAV体験コーナーの3ヶ所に出展。カーAVコーナーは別記事でレポートしている通りだが、ガラス棟4階で製品展示、D棟4階ではセミナーイベントを主に展開している。

D401室でのセミナーは立ち見が出る盛況ぶりだった

特に注目なのは、ケンウッドブランドで開発中という新製品の参考展示。まだ発売時期や価格は決まっていないとのことだったが、“K Series”の製品として、リボントゥイーター搭載スピーカーと、「KA-NA7」(関連ニュース)をベースにしたCDより小さいハイレゾ対応アンプを参考出展している。

アンプはKA-NA7をベースに音質を強化

スピーカーはハイエンド機器で使用されることが多い高感度リボントゥイーターを搭載した2ウェイモデル。リボントゥイーターによって繊細で突き抜けたクリア感のある高域を実現し、ハイレゾ音源を忠実に再現可能だとしている。

アンプは「KA-NA7」をベースにし、新たに同社独自のBluetooth高音質化技術「K2テクノロジー」を投入。Bluetoothでの音楽再生をより高音質で楽しめるようにした。これに加え、筐体も金属の使用割合を高めるなどで剛性を高め、こうした点からの高音質化も図っている。

そのほか、6月下旬に発売を控える「WOOD Wireless 02 inner」「SOLIDEGE Wireless 02 inner」も先行試聴が可能。またD棟D401室では、ビクター設立90周年記念として90台限定で販売する120万円のオルゴール「RJ-3000MK2」も体験することができる。

「WOOD Wireless 02 inner」「SOLIDEGE Wireless 02 inner」の先行試聴が可能

RJ-3000MK2

OTOTENは明日6月17日まで開催。事前来場登録者には特典として抽選で5名に、同協会が企画した特別アナログ盤『オーディオ協会監修 井筒香奈江Laidback2018』(関連ニュース)がプレゼントされる。事前登録は公式サイトから行える。

関連記事