オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
LPレコードの再生も実施

武蔵野の音楽喫茶バロックで「SPレコードコンサート」が今週末に開催

季刊・アナログ編集部
2018年05月09日
東京都武蔵野市にある音楽喫茶バロックは、第1回目となる「音盤の誘惑 SPレコードコンサート」を今週末5月13日(日)に開催する。


会場に用意される蓄音器は、20年ほど眠っていたという「HMV194」。銀座の蓄音器ショップ「シェルマン」の八重樫氏によって、オーバーホールが施され甦った完動品が使用される。

当日は、バロックを中心としたSPレコードの他に、コンサートの前後では、ヴァイタボックス CN191、タンノイ モニターゴールド、真空管アンプ、旧型のSPU、ガラード 401、テクニクス SP10などのオーディオ装置が奏でるLPレコードの演奏も行われる予定。

席は予約制ではなく先着順となるので、興味がある方は早めにお越しいただきたい。

イベントの概要
●開催日:5月13日(日)
●開催時間:14時〜16時終了予定
●料金:飲み物代+500円
●定員:26名(先着順)
●会場:音楽喫茶バロック
    東京都武蔵野市吉祥寺本町1-31-3
    TEL 0422-21-3001

関連記事