オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
CES 2018で公開

<CES>英CHORD、Hugo 2を据え置き化したD/Aコンバーター「QUTEST」。2,200ドル

編集部:小澤貴信
2018年01月10日
CHORDは、米ラスベガスで開催中のCES 2018にて、D/Aコンバーターの新製品「QUTEST」を発表した。米国では2月初旬に発売され。価格は2,200ドルとなる。

QUTEST

実際にCES会場で撮影した写真

本機は同社のポータブルDAC/ヘッドホンアンプ「Hugo 2」からヘッドホンアンプやバッテリーを省いて、据え置き用途に特化したD/Aコンバーター。同社の従来のUSB-DACのエントリーモデル「2Qute」の後継モデルという位置付けとなる。DACなどのデジタル部のデザインは、DAVEやHugo 2と同様にロブ・ワッツ氏が手がけている。

再生スペックについてはHugo 2に準じており、最大で768kHz/32bit PCMの再生、22.4MHz DSDのネイティブ再生にも対応している。

高性能なFPGAを核として構成されたD/A変換部を搭載するが、これは上述のようにHugo 2用に開発されたもの。FPGAは「Xilinx Artix 7 (XC7A15T)」を同社がカスタマイズしたものを備え、演算処理規模の目安として同社が紹介している「タップ数」は49,152で、やはりHugo 2と同様の数字だ。

入力はUSB-Bを1系統、BNC同軸デジタルを2系統、光デジタルを1系統搭載。出力はアナログRCAを1系統備える。その他、給電用のUSB micro B端子を搭載する。各デジタル入力には電気的な絶縁を施して、ノイズの混入を防いでいる。

背面端子部

USB入力は、最大768kHz/32bitのPCM再生、およびDSD512(22.4MHz DSD)のネイティブ再生に対応する。

BNC同軸デジタルは768kHz/32bit PCM(2系統同時利用時)、光デジタルは192kHz/24bit PCMに対応している。

アルミ製シャーシは新規に設計されたもので、従来の2Quteに比べて質量が増している。航空機用のアルミビレットを用いて加工されている。また、筐体内の基板の配置も最適化して、外部振動からの影響の排除を徹底したという。メカニカルの設計は同社CEOのジョン・フランクス氏が担当している。

Hugo 2と同様にユーザーが選択できるデジタルフィルターも搭載する。またアナログ出力については、1/2/3V RMSからユーザーが選択可能。より幅広い機器との最適な接続ができるとしている。

関連記事