オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
従来出荷分は無償でアップデートも

Bricasti Design「M12」「M1 SE mk2」のLAN入力が384kHz PCMや5.6MHz DSDに対応

編集部:小澤貴信
2017年12月08日
エミライは、同社が取り扱うBricasti Designのソースコントローラー「M12」(関連ニュース)およびD/Aコンバーター「M1 Special Edition mk2」(関連ニュース)について、LAN入力が384kHz/24bitまでのPCMおよび5.6MHzまでのDSDに対応したことを発表した。

「M12」

「M1 Special Edition mk2」

今月以降に出荷される製品については、上記の仕様に対応した最新のネットワーク基板が搭載される。また、先月までに出荷された製品については、無償にて製品のアップグレードサービスが実施される(往復の送料のみ自己負担)。

「M12」「M1 Special Edition mk2」共に、従来ではLAN入力がPCMで192kHz/24bit、DSDで2.8MHzまでの対応だった。


関連記事