オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
従来機のアップグレードサービスも

ORB、レコードの反りを直すディスクフラッターの新モデル「DF-01iA」

編集部:小澤 麻実
2017年02月03日
ORBは、レコード盤の反りを修正するディスクフラッター「DF-01iA」(税抜97,300円)、「DF-01iA+」(税抜130,000円)を3月3日に発売する。

DF-01iA

「DF-01iA」はグルーブガードが付いた7インチ、10インチ、12インチの盤に対応。180g以上の重量盤も修正を行える。7インチ、10/12インチモードがあり、各モードで3段階の温度設定が可能だ。

「DF-01iA+」は「DF-01iA」にフラット盤の修正も可能なアダプターが付属したもの。

レコード盤は通常、主に塩化ビニールを原料として出来ており、許容値以上に熱を加えると組成変化を起こして変形し元に戻らなくなる。そこで同社は従来機「DF-01i」から「STCS」(Self Temperature Control Semiconductor)フィルムヒーターを採用。このヒーターがアナログディスクに悪影響のない温度でアナログディスク全面を均一に加熱修正(±2℃以内)することで、経年変化による反りを修正する。

また、「SCVH」(Super Compliance Variable Hinge)も採用。これにより、レコード盤修正に最適な均一加圧を可能にしたという。レコード加圧時にはアナログディスクの外周部分(グルーブガード)をプレスするため、レコードの音溝に影響を与えないとしている。

今回の「DF-01iA」ではさらに正確な温度コントロールと時間制御を行うと同社は説明。「季節や地域による周囲温度に影響されることがなく使用できる」としている。

なお、既発売の同社「DF-01i」ユーザー向けアップグレードサービスも行われる。これは「DF-01iA+」に付属のアダプターが使用できるようになるというもので、45,000円(税抜)にて実施可能。ORB公式サイトまたは電話にて受け付けている。

関連リンク

関連記事