オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
真空管プリメインアンプ「LX-380」などが登場

ラックスマンの新製品試聴会、長野県上田市にて12月10日・11日に開催

季刊・オーディオアクセサリー編集部
2016年12月02日
ラックスマン(株)は、12月10日(土)と11日(日)の2日間、長野県上田市のオーディオ専門店、オーディオコアにて同社製品の試聴会を開催する。

今秋発売されたばかりの真空管プリメインアンプ「LX-380」などを試聴可能

主なラインアップとしては、今秋発売されたばかりの真空管プリメインアンプ「LX-380」とCDプレーヤー「D-380」をはじめ、先行発売されたA級プリメインアンプ「L-590AX MarkII」やSACDプレーヤー「D-06u」が登場。また、試聴ソースはCDのみならず「PD-171A」を使用してレコードも再生する。

先行発売されたA級プリメインアンプ「L-590AX MarkU」

試聴時はCDだけでなく、PD-171Aを使用してレコードも行う

同社の真空管アンプとトランジスタアンプの比較試聴は、同店の試聴会では初の試みになる。イベント会場は同店2階イベントスペースにて開催。両日ともメーカー担当員が来場し、デモンストレーションを行うこととなっている。

イベントのタイムスケジュールは下記の通り。
・AM11:00〜12:30
・PM14:00〜15:30

入場は自由。同店では年内最後のオーディオイベントとなるので、興味のある方はぜひとも足をお運びいただきたい。

関連記事