オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
発売日など詳細は後日

iFI-Audio、「micro iDSD BL」を発表。micro iDSDのリファインバージョン

編集部:押野 由宇
2016年11月18日
トップウイングサイバーサウンドグループは、iFI-AudioのDAC兼アンプ「micro iDSD」のリファイン・バージョン「micro iDSD BL」について“速報”を公開した。現段階で正式な発売日および価格などは明かされていないが、12月上旬に改めて発表される予定だという。

「micro iDSD BL」

「micro iDSD」(関連ニュース)は2014年7月の発売以来、オリジナルでプログラミングされたX-MOS制御ファームウェアと、バーブラウンのネイティヴDSDチップのデュアル駆動により、PCM 768kHz、DSD 512対応をいち早く実現したモデル。

今回のリファインでは、バッテリーを内蔵したポータブル製品でありながら、世界最高レベルのDACを目指したという。

基本的なスペックと機能はそのままに、クロックとアナログ回路をさらにブラッシュアップ。フェムト秒レベルの精度を持つAMR Global Master Timingクロックシステムをさらにアップグレードし、「超低」フェーズノイズ&ジッターを実現したとしている。

また、DACのデジタル信号セクションやデジタル電源セクション、アナログ信号セクションおよび電源セクションを改良。さらに「3D Holographic」と「XBass」機能は新たなチューニングが施され、それぞれ「3D Holographic+」「XBass+」と名称に”+”がつけられている。

その音質については、「より滑らかになり、重みが増し、中域が充実。低域はより深く、クリーンになった」としている。

関連リンク

関連記事