オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
DITAのプラグ付け替え可能イヤホンも

<ヘッドホン祭>AKとJHのコラボIEM「Michelle」、発売は11月末以降?/ラディウスLightningイヤホン早速登場

編集部:小澤 麻実
2016年10月22日
本日から開幕したフジヤエービック主催「秋のヘッドフォン祭2016」。本稿ではアユートとDITA、ラディウスのブースについてお伝えしよう。

アユート

アユートは、Astell&KernとJH Audioのコラボ製品である「THE SIRENシリーズ」のユニバーサルタイプIEM「Michelle(ミシェル)」を出展した。日本での発売は11月終わりから12月の頭にかけて、価格は未定だが米国価格(499ドル)に準じたものになるとのことだ。

ユニバーサルタイプIEM「Michelle(ミシェル)」

ノズルに約10度角度をつけ、耳へのフィット性を高めている

「THE SIRENシリーズ」のローエンドモデル。新規開発したBAドライバーを高域・中域・低域に各1個搭載した3ウェイ構成、および独自のFreqPhaseテクノロジーを採用。「価格を越えた上位モデルに差し迫るポテンシャルが特徴の、ハイクオリティ・ハイコストパフォーマンスモデル」になったとしている。製品の詳細はこちら

また、同社が扱うシンガポールのイヤホンブランド「DITA」のフラグシップモデル「DREAM」が正式発表された。昨年の「秋のヘッドホン祭2015」で登場していたモデル(関連ニュース)。

DITA「DREAM」

軽量で剛性の高いチタン製シャーシを採用。振動板を10%軽量化し、駆動速度を18%向上したことで音質を高めた。ケーブルは取り外し可能(コネクタはMMCX)。

プラグ部は先端を付け替え可能というユニークなつくり


非常に特徴的なのは、先端を取り外して2.5mm/3.5mmなど様々な形状のプラグをつけられる新開発の「Awesome Plug」を採用していること。ケーブルを買い替えなくても通常イヤホンとして/バランス接続イヤホンとして使える点をアピールしている。

プラグ部の構造詳細

接点はこんな感じ

そのほか、「AK70」のプレミアムカラー“True Blue”やMASTER&DYNAMICの製品群、Chord「Mojo」とiPhoneなどのiOSデバイスを、Lightning-USBカメラアダプタによって直結できるようにする専用モジュールなども登場していた。

「AK70」のプレミアムカラー“True Blue”。角度によっては赤みが加わり、深みのある紫にも見える

MASTER&DYNAMICの製品群も


Mojo専用拡張モジュールも参考出展

装着したところ

ラディウス

ラディウスは、10月27日発売のLightningイヤホン「HP-NHL21」(関連ニュース)を早速出展していた。

Lightningイヤホン「HP-NHL21」

Lightning端子からデジタル信号で音源を取り出し、DAC部でアナログ信号に変換して再生するイヤホン。従来のイヤホン端子が排除されたiPhone7などと接続しての使用を想定している。MFi認証も取得。最大48kHz/24bitまでの音源再生に対応する。

ハイレゾ再生音楽アプリ「NePLAYER」「NePLAYER Lite」と連携した機能も特徴。手元のリモコンでアプリに搭載されているイコライザーとサラウンド効果を呼び出して設定できるようになった。


リモコンボタンがひとつ増え、NePLAYERと連携した操作ができるようになった

Lightning直結DACアンプなどもアピールされていた
呼び出せる設定は4種類ずつ登録が可能。組み合わせにより15種類以上のチューニングを楽しむことができるとのこと。イコライザーはユーザーの好みの調整を保存しておけるので、たとえばジャンルに合わせた自分好みのイコライザーを簡単に選ぶ…といった使い方もできる。操作内容は音声でアナウンスされるため、iPhoneなど接続したiOS端末の画面を見なくても操作ができる。

関連記事