オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
評論家による講演も開催

【TIAS】TAD、11月発売の同社最小ブックシェルフ「Micro Evolution One」披露

編集部:杉浦 みな子
2016年09月30日
9月30日〜10月2日の3日間にわたって、「2016 東京インターナショナルオーディオショウ」が有楽町の東京国際フォーラムにて開催されている。テクニカル オーディオ デバイセズ ラボラトリーズ(TAD)のブースでは、11月下旬に発売予定のブックシェルフスピーカー“Micro Evolution One”「TAD-ME1」の試聴デモを実施している。

TADブースのようす

TAD-ME1は、TADのスピーカー製品の中で最もコンパクトなモデル。価格も500,000円(税抜・1本)に抑えている。型式はバスレフ方式の3ウェイ・ブックシェルフ型で、同社によればTADのサウンドコンセプトである“音場と音像の高次元での融合”をさらに推し進めたという。Evolutionシリーズのデザインコンセプトを継承しつつ、新規開発した160mmウーファーと90mm CSTドライバー(トゥイーター/ミッドレンジ)を搭載している(関連ニュース)。

“Micro Evolution One”「TAD-ME1」。専用スタンド「TAD-ST3」も同時発売

今回のイベントは、9月にリリースされたばかりの本機が発売前に試聴できる場ということもあり、同社ブースには大勢の試聴希望者がつめかけていた。

評論家の講演に関しては、ブースの外で整理券を配布している

こちらは角田氏の講演のようす。立ち見も出ているほど盛況だった

なおブース内では、フリー試聴の時間と、評論家による講演の時間を交互に設けている。講演に関しては、ブースの外で講演開始の30分前から整理券を配布するシステムで、小社刊行誌でも活躍中の評論家・小原由夫氏や角田郁雄氏などが出演中だ。

関連記事