オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
BRODMANN新製品は「JB205」「JB175」

【TIAS】フューレン、PIEGAやBRODMANNの1,000万円級新スピーカーをデモ

編集部:小野佳希
2016年09月30日
ハイエンドオーディオの各ブランドが集う「2016東京インターナショナルオーディオショウ」が開幕した。本稿ではPIEGAやOCTAVEなどを取り扱うフューレンコーディネートの出展内容をレポートする。

デモシステム

同社では、PIEGAの新スピーカー「Master Line Source 2」(関連ニュース)や、BRODMANN(ブロッドマン)の新スピーカー「Joseph Brodmann Signature 205(JB 205)」と「Joseph Brodmann Signature 175(JB 175)」を、OCTAVEのアンプなどでドライブしていた。

左からBRODMANN「JB205」、PIEGA「Master Line Source 2」、BRODMANN「JB175」

BRODMANN「JB205」と「JB175」は国内ではまだ正式発表前の製品で、まずJB175を11月から、JB205は2017年に受注開始予定。ともにブラック仕上げと突板仕上げの2種類を用意し、上位機「JB205」はブラック仕上げが予価980万円で、突板仕上げが1,150万円。「JB175」はブラック仕上げが予価640万円で、突板仕上げが740万円(すべてペア・税抜)。

OCTAVEのアンプでドライブ

「JB205」は再生周波数帯域が20Hz〜29kHzで、定格入力(通常)が340W、定格入力(音楽再生時)が680W、インピーダンスは3Ω。一方の「JB175」は再生周波数帯域が20Hz〜28kHzで、定格入力(通常)が290W、定格入力(音楽再生時)が580W、インピーダンスは3Ω。

同ブランド製品では「VC7」のスケルトンモデルなども展示。スピーカーではそのほかPIEGAのClassicシリーズや、デンマークDavoneの各モデルなども展示されていた。

「VC7」のスケルトンモデルなども

Davoneのスピーカー群

また、NuPrimeやNuForceの製品も展示。NuForceからはイヤホンのHEMシリーズも並べられていた。

NuForceのイヤホン「HEMシリーズ」と「BE6i」

関連記事