オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
【ブランドスペシャルサイト更新】

鈴木裕 的 iFI-Audio「Pro iCAN」活用術。工夫次第で何通りもの音を手に入れられる!

鈴木 裕

前のページ 1 2 3 4 次のページ

2016年08月01日
nanoシリーズやmicroシリーズなど、10万円以下のUSB DACやヘッドフォンアンプ、フォノイコライザー等の部門でポピュラーな存在になったブランドがiFI-Audio(アイファイ・オーディオ)。イギリスのハイエンドのメーカーAMR(日本未導入)のジュニアブランドだが、そこに新たに登場したフラッグシップのグレードがProシリーズである。

iFIオーディオのフラッグシップとして登場したPro iCAN(¥230,000/税別)

Pro iCAN(プロ・アイカン)は「スタジオグレードのヘッドフォンアンプ」であり、「オーディオファイルレベルのラインステージ」と説明されている。そのどちらもオマケ的な存在ではなく、渾身の力が入っているところが実に現代的で、徹底的にアナログにこだわり抜いた据え置き型の製品と言える。
まずはその特徴を短めに紹介してみよう。


パラメトリック・イコライザーを積極的に活用するなど、普段からユニークなシステムを組む鈴木裕氏ならではの目線でPro iCANの魅力を解説する
現在のあらゆるヘッドフォンに対応できる多彩なヘッドフォン端子
 
まず注目したいのは、6系統を出力できるヘッドフォン(イヤフォン)端子を持っていることだ。φ6.3mmステレオ標準は、3ピンXLRとのコンボジャック。双方にヘッドフォンのバランス駆動に対応しているほか、前者については同時に2つのヘッドフォンを接続して聴くことも可能だ。φ3.5mmステレオミニは、感度の高いイヤーモニター用のモードも持っている。

左右のチャンネル用にプラス/マイナスの4極端子を持たせたバランス駆動は、前述のφ6.3mmステレオ標準、3ピンXLRによる接続を含む4系統を確保。1本の端子に4極を持つφ3.5mm TRRSと、4ピンXLRを装備しているなど、現時点で想定されるヘッドフォン駆動用の端子はカバーしている。

ヘッドフォン出力の数値も相当に大きい。ゲインは0dB/9dB/18dBから選択することができて、最大出力としては一般的な3極端子用には10Vを、バランス接続用の4極端子には20Vを出力。通常、こうした記述の時にはmVの単位を使うものなので、これだけでも圧倒的な高出力ヘッドフォンアンプということができる。

真空管を採用したフルバランス回路による「3つの音」を持ったバッファーアンプ部

前のページ 1 2 3 4 次のページ

関連記事