オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
約39万円の「SONOROUS VIII」も

final、“BAM機構”採用ヘッドホン「SONOROUS X」を10月下旬に約63万円で発売

編集部:近藤 貴彦
2015年10月14日
S’NEXT(株)は、finalブランドのヘッドホン“SONOROUSシリーズ”から「SONOROUS X」と「SONOROUS VIII」の2製品を10月下旬より発売する。なお、先行予約については直販ページにてすでに受付を開始している。

SONOROUS X

SONOROUS VIII

2製品ともに、5月に開催されたフジヤエービック主催のヘッドホン/イヤホン関連イベント「春のヘッドフォン祭 2015」にて出展されていた(関連ニュース)。今回、正式な発売日が決定した格好となる。

SONOROUS X 直販価格629,000円(税込)

SONOROUS X

SONOROUSシリーズの最上位モデルで、振動板前後の圧力のバランスを最適化するという考え方の「BAM(Balancing Air Movement)機構」を採用したダイナミック型ヘッドホン。筐体内部からの空気漏れが起こらないよう、シーリングが施されている。これにより低音と奥行きのある立体的な空間再生が可能だという。

BAM機構を採用

ドライバーには、50mmφダイナミック型ドライバーユニットを搭載する。チタン振動板のドライバーユニットはフロントプレートと一体で、無垢のアルミから削り出した。細部まで明瞭な音を実現し、また滑らかな高音再生を実現したとしている。感度は105dB、インピーダンスは16Ω。

ハウジングには、アルミとステンレス切削品を採用している。共振点の異なる金属を重ねる事で、共振の抑制に成功した。

イヤーパッドには、縦にも横にも同等の伸び率を持つ事で、適度な経時変化をする合成皮革を採用している。

質量は約630g。付属品として3.5mm金メッキプラグ採用のロック機構付着脱式ケーブル(ケーブル長3m/1.5m)、シリアル番号・ライセンスキー付ステンレス製保証カードを同梱する。

SONOROUS VIII 直販価格388,000円(税込)

SONOROUS VIII

SONOROUS X同様に、BAM機構を採用したダイナミック型ヘッドホン。SONOROUS VIIIには空気の流れをコントロールするBAM開口部が設けられている。

BAM機構を採用

ドライバーには、50mmφダイナミック型ドライバーユニットを搭載し、その筐体にはアルミ切削品を使用している。ドライバーユニットの振幅による共振やたわみを抑え、にじみの少ない、明瞭な音を実現したとしている。また振動板には広い帯域に渡り、バランスの良い音を出すチタンを採用した。感度は105dB、インピーダンスは16Ω。

ハウジングには、シボ塗装仕上の硬質ABS製筐体とステンレス切削品を採用している。ABS製筐体の高い真円度を実現したことと、共振点の異なる異素材の組み合わせたことにより不要振動を抑制した。イヤーパッドには、合成皮革を採用。

質量は約490g。付属品として3.5mm金メッキプラグ採用のロック機構付着脱式ケーブル(ケーブル長3m/1.5m)、シリアル番号・ライセンスキー付ステンレス製保証カードを同梱する。
新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドfinal
  • 型番SONOROUS X
  • 発売日2015年10月下旬
  • 価格直販価格629,000円(税込)
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドfinal
  • 型番SONOROUS VIII
  • 発売日2015年10月下旬
  • 価格直販価格388,000円(税込)

関連記事