AUDIOTRAK新取扱ヘッドホンやラトック新HPアンプなど

<ポタフェス>ファイナルオーディオ、開発中の初ヘッドホン登場/フルテック初のリケーブル/ORB新HPアンプ披露

ファイル・ウェブ編集部
2012年10月20日
e☆イヤホンが主催するポータブルオーディオイベント「ポータブルオーディオフェスティバル」(ポタフェス)が開幕した。東京・秋葉原のベルサール秋葉原が会場で、会期は10月21日(日)18時まで。本稿ではファイナルオーディオデザイン、フルテック、AUDIOTRAK、フォステクス、ORB、ラトックシステムのブースについてお伝えしよう。

ファイナルオーディオデザイン

ファイナルオーディオデザインは、フラグシップモデル“Piano Forte X”など、発売中の同社製品を出展している。

“Piano Forte X”など発売中製品をラインナップ

“heaven”シリーズの新モデルも密かに登場していた。型番は「heaven II」で、heavenシリーズのエントリーモデル。12月上旬に8,000円前後で発売を予定しているとのこと。「heaven II」は自社開発のBAドライバーを搭載しているのが大きな特徴。筐体はステンレス削り出しで、ブルーグレー/ブラック/モカの3色がラインナップされる。感度は110dBmw、インピーダンスは16Ω。

新製品「heaven II」

なお、昨日の音展のレポートで「来春に初のヘッドホン製品を発売予定」という旨が明かされたが、ポタフェス会場には開発中の機種のうち、オープン型と密閉型のモデルが登場していた。外観は布に包まれており、デザインや素材などを推測することはできない。注目を集めた”オールステンレス製”ヘッドホンは残念ながら発売されない方向になったそうだが、現在開発中のヘッドホンはこの下位モデルという位置付け。価格は「2万円〜5万円程度で出せれば」(同社説明員)とのことだった。

布に包まれた新ヘッドホン。詳細はまだ謎に包まれている


フルテック

フルテックは、同社初のヘッドホン用リケーブルを参考出展している。いずれも11月中旬発売とのこと。

両端が3.5mmステレオミニジャックの「iHP-35」は、1.3m(税込7,980円)と3.0m(税込10,836円)がラインナップされる。メイン導体にはα-OCC素材に銀コーティングした線材を使用。コネクター部は非磁性ロジウムメッキを施している。

両端が3.5mmステレオミニジャックの「iHP-35」

3.5mmステレオミニジャックとMMCX端子を備えた「iHP-35M」は、SHUREのSEシリーズなどで使用可能。1.3m(税込9,975円)が用意される。3.0m(税込12,474円)も受注生産というかたちでラインナップする。こちらもメイン導体にはα-OCC素材に銀コーティングした線材を使用し、コネクターは金メッキ仕上げ。ヘッドホン側のプラグハウジングにセラミックを使っていることが特徴となる。

3.5mmステレオミニジャックとminiXLR端子を備えた「iHP-35X」は、AKGのヘッドホンなどで使用可能。1.3m(税込7,980円)と3.0m(税込10,836円)がラインナップされる。こちらもメイン導体にはα-OCC素材に銀コーティングした線材を使用し、コネクター部は非磁性ロジウムメッキを施している。

3.5mmステレオミニジャックとminiXLR端子を備えた「iHP-35M」
当初「iHP-35M」はコネクター部がロジウムメッキと記述していましたが、金メッキの誤りでした。修正してお詫び致します。(10/22 10:25)
また、これから発売される予定のウォークマン用のケーブル「MP-S」と「MP-A」も登場していた。

ウォークマン用のケーブル「MP-S」と「MP-A」

「MP-S」は22pin - 3.5mmステレオミニ、「MP-A」は22pin - USB-A。メイン導体にはα-OCC素材に銀コーティングを施した線材を使用。3.5mmおよびUSB-Aプラグは24K金メッキ仕上げで、WM-PORTコネクターは非磁性ロジウムメッキ仕上げ。長さは0.15〜1.0mになる予定とのこと。価格は未定で、早ければ11月末くらいから販売開始されるとのことだ。

そのほか、DAC/プリアンプ「ESPRIT」やポタアン「STRIDE」などを出展していた


AUDIOTRAK

AUDIOTRAKは、新たに取扱いを開始するドイツ「G&BL」のヘッドホンを披露していた。特徴はハウジングに黒檀を使用していること。リケーブルにも対応する。12月上旬の発売を予定しており、価格は19,800円前後になる見込みだという。なお本機用のリケーブルも、製品の発売後同社からリリースされる予定とのことだ。

ドイツ「G&BL」のヘッドホン

ハウジングは黒檀製


リケーブルにも対応する


そのほか、AUDINSTのHUD-mx1やHUD-miniなども出展されていた

ORB

ORBは、19日に発売されたばかりの新ヘッドホンアンプ「JADE casa」を早速披露していた。本機はRコア電源トランス、MUSESとバーブラウンオペアンプを組み合わせた前段回路にディスクリートの出力段、左右独立した電源回路を持つ「デュアルモノアンプ構成」など、音質へのこだわりを多数投入したモデル。ダイナミックで迫力ある音質を表現する「Dynamicモード」も用意する。同社竹内氏は「約5万円と手頃な価格ながら、音質にとことんこだわったモデル」とそのクオリティに自信を見せる。

新ヘッドホンアンプ「JADE casa」。本機を使ってアナログレコードを聴くデモも行われていた

USB-DAC機能は非搭載。竹内氏は「“casa”はイタリア語で”家”という意味。シンプルで上質なデザインの筐体は、定番のブラックと、インテリアに馴染みやすいオーシャンブルーのカラーを用意した。DAC一体型とせずアナログアンプのみとしているので、移り変わりの早い主流再生フォーマットの変化に左右されず、永く使えるモデル。家に置いて、永くじっくりと使っていただければ」と話していた。

こちらはオーシャンブルーモデル。爽やかかつ鮮やかなブルー

縦置きにも対応する


「JADE casa」の背面部。入力端子としてRCA端子とφ6.3ステレオジャックを用意
なお本機に職人の手作業による漆塗りを施した「JAPANモデル」もこれから発売を予定しているという。ポータブルヘッドホンアンプ「JADE to go」でも人気を博した漆塗りモデル。手作業で装飾されているため、ひとつひとつ違う味わいを持つのも特徴だという。

漆塗りを施した「JAPANモデル」もこれから発売を予定しているとのこと


フォステクス

フォステクスのブースには、DSD対応ヘッドホンアンプ「HP-A8」が登場。磁束密度1.5テスラの新開発50mmドライバーを搭載したフラグシップヘッドホン「TH900」と組み合わせて試聴を行うことができる。

「HP-A8」と「TH900」を組み合わせた試聴が行える

HP-A8は今月末にファームウェアアップデートを予定。USB経由でのDSD再生に対応する。ただし、「安定した再生プレーヤーがリリースされるまではβ版として配布する予定」(同社山口氏)とのこと。β版ユーザーからのフィードバックを受けながら詳細を詰めていくという。「安定した再生プレーヤー」としては、Windows向けにはHQ Playerがあるものの、Mac版にはまだない点が課題だという。

今年春に発表された、歌手のSuaraさんとコラボした「TH900」特別モデルがもうすぐ受注開始されることも明らかにされた。こちらには、HP-A8だけで試聴できるSDカード入りDSD音源が特別に用意される予定とのことだ。

そのほか、パーツのカラーを選んでカスタマイズしたヘッドホンを作れる”KOTORI”シリーズに、DJモデルが登場することも明らかにされた。こちらは来年2月〜3月の発売を予定しており、価格は1.2万円〜1.3万円程度になる見込み。10パーツ以上のカラーをカスタマイズすることができる。またケーブルも、リモコンマイクつきのものやカールコードなどから選択可能。さらに、ヘッドホンに挿して使えるBluetoothモジュールも用意される予定だという。このBluetoothモジュールは、KOTORIヘッドホン以外のものでも使用できるとのことだ。

”KOTORI”シリーズのDJモデルが登場予定であることも明かされた


ラトックシステム

ラトックシステムは、新製品となるエントリーヘッドホンアンプ「REX-A1648HA1」(税込10,920円)を参考展示してアピールしている。48kHz/16bit対応で、背面にUSB-Bとラインアウト(RCA)を装備。周波数特性は20Hz〜20kHz(44.1kHz駆動時)で、S/N比が97dB以上。OSはWindow 8/7/Vista/XP、およびMac OS X 10.6以降に対応する。

エントリーヘッドホンアンプ「REX-A1648HA1」

RAL-24192HA1など発売中のモデルも出展されていた

ブースでは、USB-DAC「RAL-24192DM1」とiPod用DAC「RAL-1648iP1」を組合せ、新iPod touchをソースとして使った場合と、mac内のリッピング音源をソースとして使った場合の音の違いを比較試聴するデモが行われていた。

デモのようす

関連記事