オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
「KX-5 Twenty」「VX-5 Twenty」「AX-5 Twenty」

Ayre、20周年記念モデルの技術を投入した“X-5 Twenty”シリーズ − プリ/パワー/プリメインの3製品

編集部:小野佳希
2015年06月02日
アクシスは、Ayre Acousticの“X-5 Twenty”シリーズとして、プリアンプ「KX-5 Twenty」、パワーアンプ「VX-5 Twenty」、プリメインアンプ「AX-5 Twenty」の3モデルを6月に発売する。

・KX-5 Twenty ¥1,450,000(税抜)
・VX-5 Twenty ¥1,450,000(税抜)
・AX-5 Twenty ¥2,100,000(税抜)
※いずれもシルバー・モデル (ブラック・モデルはそれぞれ+¥50,000)

KX-5 Twenty

■3モデル共通の特徴

Ayreが創立20周年を機に、同社のフラッグシップ・ラインナップ“R シリーズ”をさらにグレードアップさせた“The Twenty Edition”のアンプ回路技術を“5シリーズ”に導入。従来のKX-5、VX-5、AX-5を機能強化した。

“The Twenty Edition”の新たな技術、“AyreLock”ボルテージ・レギュレーターを搭載。通常のシングルパワートランジスター出力のレギュレーターと異なり、あたかもコンプリメンタリー・プッシュプル出力回路のごとく作動するとのことで、負荷の電流増大時には瞬時にプルアップして出力パワーを上げ、電流減少時には瞬時にプルダウンし、一定電圧を微塵の乱れもなく保持するとしている。

フロントエンドから出力ステージの全段にわたって、オペアンプを一切使用しないディスクリート・デバイス仕立てによるゼロ・フィードバック、フルバランス回路で構成。また、ドライバーまでの増幅ステージにはAyre 独自の“EquiLock”ゲインサーキットを搭載し、“The Twenty Edition”のキーテクノロジーである“AyreLock”との組み合わせによって性能をさらに高めたとしている。

出力トランジスターには、厳選されたNPN/PNP ペアのバイポーラ・デバイスを採用。また、これまでの半固定抵抗によるDCオフセット調整機構を一新し、DCオフセット・サーボ制御回路を搭載。これにより、温度変化によるドリフトなどからの影響を回避し、安定した出力も確保できるよう配慮した。

電源には、Ayreが伝統的に採用しているマッシブなEI型トランスを搭載。加えて、AC入力部には独自のパワーフィルター“Ayre Conditioner”を搭載し、ACラインから混入してくる電源の高周波ノイズを熱エネルギーに変え、ピュアなACパワーをトランスに供給するという。

プリアンプ「KX-5 Twenty」とプリメインアンプ「AX-5 Twenty」では、「可変ゲイン・テクノロジー(VGT)」を搭載。アッテネーターを介することなくラインレベルを直接入力し、アンプ自身のゲインを変化させることで、アッテネーターによって生じる音質への副作用を回避している。

なおゲイン・チェンジを司るコントローラーには、「KX-R Twenty」と同様に4連のShallco製ソリッド銀接点46ステップのロータリースイッチを採用し、ホット/コールド両位相のゲインを同時に変化させる完全バランス型可変ゲイン・サーキットとしている。

■プリアンプ「KX-5 Twenty」

「KX-5 Twenty」では、出力ステージに「新ダイヤモンド回路」を搭載。一般的にダイヤモンド回路とは、コンプリメンタリーに組まれた出力トランジスターを上下対称に配置された初段トランジスターのエミッタフォロアでドライブし、高い電流駆動能力を発揮させながら高S/N と低歪率を実現するものだが、“Twenty”シリーズでは、それをホット/コールドの各々に持たせた完全バランス仕立てとし、フィードバックステージをも排した新ダイヤモンド回路に発展させた。これによって、より高いS/N、低歪率と同時に位相直線性を極限まで高めたという。

最大入力レベルは16Vrms(バランス)、8Vrms(シングルエンド)で、入力インピーダンスが2MΩ(バランス)、1MΩ(シングルエンド)。入力はバランス4系統、シングルエンド2系統の計6系統を、プリアンプ出力にはバランス2系統、シングルエンド1系統の3系統を備えている。

■パワーアンプ「VX-5 Twenty」

VX-5 Twenty

「VX-5 Twenty」の出力ステージには、フラッグシップ・アンプ「MX-RTwenty」で確立された新方式“ダブルダイヤモンド出力回路”を搭載。出力段に加えて初段もコンプリメンタリー・プッシュプル回路とした二重構造とすることで、一般的な回路よりも温度上昇を35%抑えることに成功している。

さらに、“ダブルダイヤモンド回路”はホット/コールドの各位相に均等に組み込まれ、完全バランス回路を形成。片チャンネル当たり、バイポーラ素子12 個(ホット/コールド各々に3パラのNPN/PNP)による出力段の電流駆動能力を最大限に引き出しながら、より高いニュートラリティーとクリアネスを獲得したとしている。

パワーサプライ回路にはディスクリート・アナログ・リニアー方式を採用。フロントエンドからドライバーまでの定電圧回路には前述のように“AyreLock”ボルテージ・レギュレーターを搭載している。

また、出力ステージへのパワーサプライには、その整流素子として、これまでよりさらに低損失かつ大容量を実現するというTO-247パッケージの新デバイスを登用。「圧倒的な電源供給能力を達成し、音の鮮度とダイナミック動特性を劇的に向上させた」としている。

出力パワー(連続)は175W(8Ω)x2、350W(4Ω)x2で、ゲインが26dB。最大入力レベルは16Vrms(バランス)、8Vrms(シングルエンド)で、入力インピーダンスが2MΩ(バランス)、1MΩ(シングルエンド)。

■プリメインアンプ「AX-5 Twenty」

AX-5 Twenty

プリメインアンプ「AX-5 Twenty」は、前述のプリアンプ、パワーアンプ双方の特徴を併せ持つプリメインアンプ。出力ステージには「VX-5 Twenty」同様に“ダブルダイヤモンド出力回路”を採用したほか、前述のように「可変ゲイン・テクノロジー(VGT)」も搭載している。

“AyreLock”新リニアー・パワーサプライや、ゼロフィードバック・デザイン、全段フル・バランス、ディスクリート構成、“EquiLock”サーキットも同様に採用。

出力パワー(連続)は125W(8Ω)x2、250W(4Ω)x2で、ゲインが32dB。最大入力レベルは16Vrms(バランス)、8Vrms(シングルエンド)で、入力インピーダンスが2MΩ(バランス)、1MΩ(シングルエンド)。入力はバランス4系統、シングルエンド2系統の合計6系統で、スピーカー出力は1系統。
新着記事を見る
  • ジャンルプリアンプ
  • ブランドAYRE ACOUSTICS
  • 型番KX-5 Twenty
  • 発売日2015年6月
  • 価格¥1,450,000(税抜)
【SPEC】●最大入力レベル:16Vrms(バランス)、8Vrms(シングルエンド) ●ゲイン:可変(最大+6dB) ●入力インピーダンス:2MΩ(バランス)、1MΩ(シングルエンド) ●入力:バランス×4、シングルエンド×2 ●周波数特性:DC〜250kHz ●消費電力:60W ●外形寸法:440W×100H×440Dmm ●質量:10.5kg
  • ジャンルプリアンプ
  • ブランドAYRE ACOUSTICS
  • 型番VX-5 Twenty
  • 発売日2015年6月
  • 価格¥1,450,000(税抜)
【SPEC】●出力:175W×2(8Ω)、350W×2(4Ω) ●ゲイン:26dB ●周波数特性:DC〜250kHz ●最大入力レベル:16Vrms(バランス)、8Vrms(シングルエンド) ●入力インピーダンス:2MΩ(バランス)、1MΩ(シングルエンド) ●入力:バランス×1、シングルエンド×1 ●スピーカー出力:パラレル×2 ●消費電力:最大800W(待機時15W) ●外形寸法:440W×120H×480Dmm ●質量:24kg
  • ジャンルプリアンプ
  • ブランドAYRE ACOUSTICS
  • 型番AX-5 Twenty
  • 発売日2015年6月
  • 価格¥2,100,000(税抜)
【SPEC】●出力:125W×2(8Ω)、250W×2(4Ω) ●ゲイン:32dB ●周波数特性:DC〜250kHz ●最大入力レベル:16Vrms(バランス)、8Vrms(シングルエンド) ●入力インピーダンス:2MΩ(バランス)、1MΩ(シングルエンド) ●入力:バランス×4、シングルエンド×2 ●スピーカー出力:1 ●消費電力:最大600W(待機時48W) ●外形寸法:440W×120H×480Dmm ●質量:21kg

関連記事