オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
価格は250万円

フェーズメーション、3筐体セパレート型の管球プリアンプ最上位機「CA-1000」

ファイル・ウェブ編集部
2014年11月12日
協同電子エンジニアリング(株)は、Phasemation(フェーズメーション)ブランドの新製品として、3筐体セパレートタイプのプリアンプ「CA-1000」を12月中旬に発売する。価格は250万円(税抜)。

「CA-1000」。上部の2筐体がアンプ部、下筐体がコントロール/電源部

信号処理を受け持つアンプ部は、左右2ブロックとしたモノブロック構成。筐体は20mm厚のアルミ削り出しフロントパネル、2mm厚の銅メッキ鋼板シャーシベース、3mm厚アルミカバーが用いられている。

アンプ部の音量調整回路には、アクティブ素子を用いずに46レベルの調整が可能な、高入力インピーダンスと低出力インピーダンスを実現した特許技術「ハイブリッド・アッテネーター」を採用。高感度リレーを音量可変素子に使用した。

CPUを備えたコントロール部と電源部は、アンプ部とは別筐体。これによりアナログアンプ回路へのノイズの影響を抑えている。なお、アンプ部内のリレー駆動回路とはI2C通信によって接続する。整流回路には十分な容量を持つRコア電源トランスを使用し、スイッチングノイズの 発生しない整流管「5U4G」と左右独立のチョークトランス2個を配置した整流回路としている。また真空管のヒーター電源には3端子レギュレータによるDC点火を採用し、高S/Nを実現したという。

入力端子にRCAとXLRをそれぞれ3系統装備、XLR入力には新規設計のバランス/アンバランス変換トランスを備えている。また出力端子にRCAとXLRを各1系統装備、これも新規設計の出力トランスを採用し、100Ω以下という徹底したLowインピーダンス出力を実現している。

アンプ部の背面端子部

コントロール/電源部の背面端子部

管球式の無帰還ユニットアンプを搭載。過渡特性に優れ、音質に定評のある「ECC803(12AX7)」を無帰還SRPP型増幅回路、「6922(6DJ8)」を出力バッファーとして採用した。

アンプ部を上から見た内部構造

コントロール/電源部を上から見た内部構造

シャーシは不要な振動を排除するため、20mm 厚のアルミ材を削り出し各フロントパネルに採用。カバーは3mm厚のアルミパネルと1mm厚の銅メッキ鋼板とのハイブリッド構造となっている。また筐体下にはウッドベースを追加。異種素材を組み合わせる事により、不要振動排除を図ったという。入出力端子はWBT/NEUTRIK社製を採用している。

【問い合わせ先】
協同電子エンジニアリング
TEL/045-934-5234
新着記事を見る
  • ジャンルプリアンプ
  • ブランドPHASEMATION
  • 型番CA-1000
  • 発売日2014年12月中旬
  • 価格¥2,500,000(税抜)
【SPEC】●入力端子:RCA/XLR×各3 ●出力端子:RCA/XLR×各1 ●入力感度:200mV ●入力インピーダンス:47kΩ ●利得:6,12,18dB ●チャンネルセパレーション:100dB以上(20〜20kHz) ●周波数特性:10〜70kHz(+0,-3dB) ●出力インピーダンス:100Ω以下(balance,unbalance共) ●消費電力:43W ●外形寸法:コントロール部…最大434W×118H×374Dmm、アンプ部…最大214W×118H×355Dmm ●質量:コントロール部…14kg、アンプ部…7.5kg

関連記事