オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
オールアルミで剛性も確保

フェーズメーション、バランス出力対応の据え置き型ヘッドホンアンプ「EPA-007x」

ファイル・ウェブ編集部
2014年10月22日
協同電子エンジニアリング(株)は、Phasemation(フェーズメーション)ブランドの新製品として、ヘッドホンアンプ「EPA-007x」を11月下旬に発売する。価格は14万円(税抜)。

ヘッドホンアンプ「EPA-007x」

2011年に発売した「EPA-007」(関連ニュース)をブラッシュアップした製品。デュアルモノ構成を採用し、バランス対応ヘッドホンをダイレクトに接続できるXLRヘッドホン端子を搭載した。5月に開催された「春のヘッドフォン祭 2014」(関連ニュース)や6月に開催された「第5回ポータブルオーディオフェスティバル(ポタフェス)」(関連ニュース)で参考出展されていたモデルが正式発表された格好だ。

前から見たところ

背面端子部

オペアンプを使用せず、デバイスを吟味した全段ディスクリート構成とした。電源も独立したデュアルモノアンプとしている。

また、16〜600Ωに対応するダンプコントローラーを搭載。広範囲なインピーダンスのヘッドホンを、最適に駆動できる。適度な制動力でドライブすることで音の量感が増すほか、頭内定位が適度に緩和されるメリットがあるとしている。

またヘッドホンを守る保護回路も搭載。電源ON/OFF時のポップアップノイズがヘッドホンに伝わるのを防ぎ、異常動作時にヘッドホンを保護するカットオフプロテクターを搭載している。

シャーシには2mm厚のアルミを採用。削り出しのフロントパネル、トップカバーを含めてオールアルミを採用し、さらにシャーシ面を利用して排熱するスリットのない密閉構造とすることで、共振や振動、干渉を抑えている。

入力端子はアナログ1系統(RCA/XLR)で、出力はXLR/標準 6.3φフォーン兼用ジャック×2。入力インピーダンスは10kΩ、周波数特性は20〜100kHz(-0.5dB)。対応インピーダンスは16〜600Ω。

外形寸法は220W×57H×234Dmm、質量は2.0kg。

【問い合わせ先】
協同電子エンジニアリング
TEL/045-934-5234

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルその他
  • ブランドPHASEMATION
  • 型番EPA-007x
  • 発売日2014年11月下旬
  • 価格¥140,000(税抜)
【SPEC】●入力端子:アナログ(RCA/XLR)×1 ●出力端子:XLR/標準6.3φフォーン兼用ジャック×2 ●入力インピーダンス:10kΩ ●周波数特性:20〜100kHz -0.5dB ●消費電力:1.5W(100VAC 50〜60Hz) ●外形寸法:最大220W×57H×234Dmm ●質量:2kg

関連記事