オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
大阪ハイエンドオーディオショウと同時開催

「オーディオセッション in OSAKA 2014」レポート - 国内外のオーディオブランドが大阪に勢揃い

ファイル・ウェブ編集部 小澤貴信

前のページ 1 2 3 次のページ

2014年11月10日
同じく3階にブースを構えたフォステクスは、同社のスピーカーシステムを一堂に集めてデモを実施。新製品としては、東京インターナショナルオーディオショウで先行して公開されていた新ブックシェルフ型スピーカー「GR160」や、フロア型スピーカー「G1003MG」が出展されていた(関連ニュース)。

フォステクスのブース

GR160

完実電気のブースでは、PS AUDIOやKRIPTONのオーディオコンポーネント、光城精工や同じくKRIPTONのアクセサリー、SHUREやAURISONICなどのイヤホン/ヘッドホンなど、幅広いブランド/ジャンルの製品が登場。各社の製品を組み合わせてのデモンストレーションも行われていた。

完実電気/光城精工のブース

KRIPTON「KS-7HQM」


AURISONICの各モデルも出展

SHURE「SRH144/155」


SHUREのカートリッジも展示していた

PS AudioはUSB-DAC/Bluetooth内蔵プリメインアンプ「Sprout」を披露。本機は5月にドイツで開催された「HighEnd」で公開された製品で、海外では発表済みとのこと。50W/chのクラスDアンプを搭載し、192kHz/24bit対応のUSB-DAC、フォノイコライザー、aptX対応のUSB-DACを内蔵している。国内での発売価格は未定だ。

PS AUDIO「Sprout」

2階のホールには、ほかにも様々なブランドがブースを設置。ORBはポータブル/据え置きヘッドホンアンプ、プリメインアンプ、さらには自社が手がけたCDまでを一斉展示。新製品となるラインセレクター「LS-XORi」「LS-XOi」「LS-ROi」も出展されていた。フルテックはFURUTECHとADLによるケーブルやヘッドホン、ポータブルヘッドホンアンプを展示。スタックスも同社のヘッドホンの静電型ヘッドホンを取り揃えていた。

ORBのブース

ORBの新製品となるラインセレクター


スタックスのブース

FURUTECH/ADLはヘッドホンやUSB-DAC、ケーブルを出展

輸入商社や国内オーディオメーカーの新製品も多数展示

ハートンホテル南船場の4、5、7階にも様々なオーディオブランドや輸入商社が出展。ひとつひとつのブースはコンパクトながら、熱心なオーディオファンで賑わっていた。トライオードは、大阪ハイエンドオーディオショウと共にこちらのイベントにも出展。PhasemationやA&M、ネットワークジャパンは個別のブースを構えていた。

Phasemationのブース

A&Mのブース


ネットワークジャパン(QUADRALほか)のブース

SOUND WARRIORのハイレゾ対応小型コンポ“SW Desktop-Audio”シリーズ

iFI-Audioは真空管ハイコンポ「iFI Retro Stereo 50」を出展。ヘッドホン祭では展示のみだったが、今回は実際に試聴することもできた。また、HiFiMANのヘッドホンを組み合わせて、本機内蔵のヘッドホンアンプの駆動力の高さもアピールしていた。

iFI-Audioは真空管ハイコンポ「iFI Retro Stereo 50」を出展

“フォース”のブースではサエク、ポーカロ・ライン、カジハラ・ラボらが取り扱う製品が出展。SAECのPC-triple C採用ケーブルや、tangentの最新スピーカーシステム「SPECTRUM X5」(関連ニュース)のデモが行われていた。

フォースのブース

IKEDA「9TS」

前のページ 1 2 3 次のページ

関連記事