オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
スペックは砲金製アナログ・ターンテーブルも用意

<音展>LUMINなど7ブランドが集結/Amphionスピーカーを発売前に体験

ファイル・ウェブ編集部
2014年10月18日
AV機器メーカーが集うイベント「オーディオ・ホームシアター展2014(音展)」がお台場のTIME24ビルで開幕した。会期は10月19日(日)まで。本稿では、LUMINやKITHITなどが出展している2階B会議室、およびスペックなどが出展している2階A会議室の模様をレポートする。

まずB会議室には、LUMIN、KITHIT、アイレックス、プラネット・ミュージックライン、Audio Physic、AZIS、McAUDIの合計7ブランドが出展。各ブランドが持ち回りで音出しデモを行っている。

音出しデモのシステム

KITHITのスーパートゥイーター

もちろんデモ以外でも各社製品展示も実施。ブライトーンが取り扱う、ジークレフ音響によるWELL FLOATブランドのオーディオボードやインシュレーターなども見ることができるほか、NVS製品の展示スペースでは、井筒香奈江さんによるトークセッションの告知も行われていた。

NVSの各ケーブルも

WELL FLOAT製品も展示


A会議室には、スペック、スフォルツァート、シーエスフィールドの3社が出展。こちらも各社製品での音出しデモを行っている。

デモは多くの来場者で賑わっていた

特にスペックは、新たに取り扱うことを先日発表したフィンランドAmphion社スピーカー(関連ニュース)や、昨日発表したばかりの砲金製アナログ・ターンテーブル「GMP-70」(関連ニュース)なども用意。先行して音を確認できるようにしていた。

Amphionのスピーカー(写真中央)も音出し

GMP-70


CSフィールドはVITUS AUDIOやELECTRO COMPANIET製品なども展示

関連記事