オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
低価格化を実現しながら機能強化

ヤマハ、ハイレゾ対応ネットワークCDプレーヤー入門機「CD-N301」

ファイル・ウェブ編集部
2014年09月03日
ヤマハは、ハイレゾ対応のネットワーク再生機能を搭載するCDプレーヤーの入門機「CD-N301」を9月下旬に発売する。価格は50,000円(税抜)。

CD-N301

従来モデル「CD-N500」の下位機種に位置づけられる製品。上述の通りネットワーク再生機能を搭載するCDプレーヤーで、そのほかに音声入力端子としてUSB/光デジタル/同軸デジタル/アナログRCAを装備する。

エントリープリメインアンプ「A-S301」と組み合わせたところ

内部には、CD-N500と同じバーブラウン製DAC「PCM5101」を搭載しており、ネットワーク経由で最大192kHz/24bitまでのWAV/FLACに対応している。なお、CD-N500の下位機種として低価格化を実現しながら、CD-N500では非対応だったAirPlayに対応するなど、機能面を強化していることも特徴となる。ネットワーク接続経由で、iOS/Android向けアプリ「NP CONTROLLER」からの操作にも対応する。

ネットワーク機能に対応

本機のチューニングについては、同社Hi-Fi製品の中級機「CD-S2100」を担当した辻川聡一氏(関連インタビュー)が担当しており、ヤマハでは“CD-N500と同じくらい音質にこだわったモデル”とアピールする。

CD部にもCD-N500の技術を継承している

CD再生機能もCD-N500の技術を継承し、「インテリジェントデジタルサーボ」を搭載することでCDの読み取り精度を向上させている。また、オリジナルサポートローダーによってCDメカの剛性を高め振動を抑えているほか、独自のバッファリングアルゴリズムを採用し、ディスク回転数を自動コントロールすることで、メカノイズの低減を図った。

電気回路は、新しくオーディオ用/ネットワーク用/CD用サーキットの前に整流を行う構造とし、これによりノイズを抑えている。また、電源供給線材に無酸素銅を使用することで、低インピーダンス化にも配慮した。

本体サイズは435W×86H×260Dmmで、質量は3,2kg。なお、CD-N500は筐体をダブルボトムシャーシ構造としていたが、本機ではこれを省略している。

【問い合わせ先】
ヤマハお客様コミュニケーションセンター
オーディオ・ビジュアル機器ご相談窓口
TEL/0570-01-1808(ナビダイヤル)
TEL/053-460-3409(携帯電話、PHS)
新着記事を見る
  • ジャンルCDプレーヤー/トランスポート
  • ブランドYAMAHA
  • 型番CD-N301
  • 発売日2014年9月下旬
  • 価格¥50,000(税抜)
【SPEC】●再生可能メディア:音楽用CD、CD-R/RW(MP3,WMA再生可) ●出力レベル:2.0±0.3V(1kHz,0dB Fs44.1kHz) ●ダイナミックレンジ:100dB以上(1kHz,0dB Fs44.1kHz) ●周波数特性:CD…2Hz〜20kHz(-3dB),Network、Fs48kHz…2Hz〜24kHz(-3dB),Network、Fs96kHz…2Hz〜48kHz(-3dB),Network、Fs192kHz…2Hz〜96kHz(-3dB) ●高調波歪率:0.003%以下(1kHz,0dB Fs44.1kHz) ●S/N比:110dB以上(1kHz,0dB Fs44.1kHz) ●入力端子:LAN×1 ●出力端子:光デジタル×1、同軸デジタル×1、アナログRCA×1 ●消費電力:6W(待機時0.35W) ●外形寸法:435W×86H×260Dmm ●質量:3.2kg

関連記事