オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
最新ファームウェアを公開

Resonessene Labs、DAC「INVICTA」シリーズを不具合修正アップデート

ファイル・ウェブ編集部
2014年06月12日
エミライは、Resonessene LabsのDSD対応DAC「INVICTA」シリーズをアップデート。不具合改善が行われる最新ファームウェア「6.2.2」を公開した。

INVICTA MIRUS

5月に公開された「ベータ版ファームウェア 6.2.1」(関連ニュース)では、日本語への対応、AES、EBU/TOSLINK、BNCの各デジタル入力でDoP形式でのDSDデータ再生対応などが行われたが、今回は、いくつかのAIFFファイルが正常に再生されない不具合を修正。また、USB1.0モードで動作させた際に音飛びすることがある不具合も修正される。

関連リンク

関連記事