エミライ、逢瀬のUSB-DAC内蔵プリメインアンプ“WATERFALL Integrated”

2014/02/28 ファイル・ウェブ編集部
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
(株)エミライは、オーディオブランド「逢瀬」の新製品となるUSB-DAC内蔵プリメインアンプ“WATERFALL Integrated”「AUS-WFI1」を3月1日に発売する。価格は475,000円(税抜)。


“WATERFALL Integrated”「AUS-WFI1」
逢瀬は2013年にスタートした新進ブランドで、プロとして音楽制作を行っているアーティスト 月岡政彰氏が設立した。同氏は電子工学エンジニアでもあり、物量に頼らず、限られたサイズや物量のなかで、ベストな設計を行うことをポリシーとしているという。

WATERFALL Integratedは当初2013年秋発売予定とされていたが(関連ニュース)、正式な発売日や価格が決定したかたち。

パワーアンプ部は、オランダHypex社のUcDモジュールをカスタマイズしたクラスDアンプを採用。出力115W+115W(4Ω時)を実現する。従来のクラスDアンプで問題とされていた高域特性の劣化や、スピーカーのインピーダンスカーブによって周波数特性が変動する問題を解消したとしている。またヘッドホン出力も、切り換えによりUcDモジュールによるディスクリートクラスDパワーアンプ部が動作するとのこと。

デジタル回路基板には、独自技術で高音質化したというデュアルモノDACを搭載。低ジッタークロック回路により、正確なDA変換を実現するという。また、DAC〜UCD間にはシンプルなフルバランス接続構成を採用した。

電源には逢瀬オリジナルの回路「Refine Unit」を8個搭載。各ユニットは、負荷の種類によって特性を最適化して使用されるという。

デジタル入力は同軸、光、XLR、USBの4系統を各1端子ずつ搭載。COAXIAL、AES/EBU、USBからの入力は最大192kHzに対応。光入力は最大96kHzに対応する。ほかにアナログ入力としてRCAステレオ2系統も備える。

外形寸法は340W×74H×290Dmm、質量は4kg。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
新着記事を見る
  • ジャンルプリメインアンプ
  • ブランド逢瀬
  • 型番AUS-WFI1
  • 発売日2013年3月1日
  • 価格¥475,000(税抜)
【SPEC】●連続最大出力:230W(115+115),4Ω ●音圧周波数特性:20〜50KHz,+0/-3dB ●全高調波歪率+ノイズ:アンプ部…0.008%,20Hz<f<20kHz Pout=1W、DAC部…最大0.0009%以下 1kHz時 ●出力インピーダンス:20mΩ f<1kHz ●端子:アナログ入力…RCA×2、デジタル入力…RCA×1/角形コネクタ×1/XLR×1/USB(Type B)×1 ●消費電力:約240W(最大) ●外形寸法:340W×74H×290Dmm(脚部含む) ●質量:4kg