オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
MA8000は300W+300W出力対応

エレクトリ、McIntoshの新プリメイン「MA8000」「MA7900」- 192/32対応USB入力を搭載

ファイル・ウェブ編集部
2013年11月28日
エレクトリはMcIntoshのプリメインアンプ「MA8000」と「MA7900」を2014年1月10日に発売する。価格は「MA8000」が1,365,000円(税込)、「MA7900」が945,000円(税込)となる。

「MA8000」

「MA7900」

両モデルは2013東京インターナショナルオーディオショウにて参考展示されていたモデルとなる(関連ニュース)。

出力は「MA8000」が300W+300W(2、4、8Ω)、「M7900」が200W+200Wとなる。スピーカーインピーダンスのマッチングを行う「オートフォーマー」を搭載し、2、4、8 オームいずれの負荷でも、特性を犠牲にすることなく同等の出力を供給できるという。

「M8000」は8バンドイコライザーを搭載。25Hz、50Hz、100Hz、200Hz、400Hz、1kHz、2.5kHz、10kHzの周波数ポイントにおいて、±12dB範囲での調整が可能。加えて30Hz、150Hz、500Hz、1.5kHz、10kHz の周波数ポイントで±12dB範囲の調整が可能な5バンドイコライザーも装備する。「M7900」は5バンドイコライザーのみを搭載する。

「M8000」はUSB1系統、同軸2系統、光2系統の合計5系統、「M7900」はUSB1系統、同軸1系統、光1系統の合計3系統のデジタル入力を搭載。USB入力は192kHz/32bitに対応。同軸/光は96kHz/24bitまでの対応となる。

「MA8000」の背面

「MA7900」の背面

アナログ入力は「M8000」がバランス2系統、アンバランス6系統を、「M7900」がバランス1系統、アンバランス6系統を搭載する。MM/MC対応のフォノイコライザーアンプも内蔵し、MCカートリッジの負荷インピーダンス調整も可能だ。また、ヘッドホン出力(20〜600Ω対応)も搭載する。

両モデルともスピーカー出力は1系統。またアナログ可変出力として「M8000」はバランス/アンバランスを各1系統、「M7900」はアンバランスのみ2系統を搭載する。ホームシアター用のパススルー端子も装備している。

「M8000」は外形寸法は445W×240H×559Dmm、質量は45.4kg。「M7900」は外形寸法は445W×194H×559Dmm、質量は34.1kgとなる。


新着記事を見る
  • ジャンルプリメインアンプ
  • ブランドMCINTOSH
  • 型番MA8000
  • 発売日2014年1月10日
  • 価格1,365,000円(税込)
USB入力を搭載した出力300W+300Wのプリメインアンプ
  • ジャンルプリメインアンプ
  • ブランドMCINTOSH
  • 型番MA7900
  • 発売日2014年1月10日
  • 価格945,000円(税込)
USB入力を搭載した出力200W+200Wのプリメインアンプ

関連記事