オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
「EKOS SE」のマイナーチェンジも

リン、AKURATE DSの「RENEW DS」アップグレードを実施

ファイル・ウェブ編集部
2012年07月17日
リンジャパンは、2008年型のAKURATE DSが対象のアップグレードサービスを8月から実施する。

AKURATE RENEW DS

アップグレードは2種類を用意。通常のアップグレードは367,500円(税込)で、2008年型AKURATE DSに新型メイン基板を搭載する。

もう一つのサービスはKLIMAXでも行われた「RENEW DS」アップグレードで、630,000円(税込)。2008年型AKURATE DSシャーシに新型メイン基板を搭載するだけでなく、2008年型のメイン基板をRENEW DSシャーシに格納。2台目のDSが手に入るというもの。

なお、今回2008年型AKURATE DSシャーシに搭載するアップグレード基板は、AKURATE DS/Kをベースにしたものだが、デジタル出力は装備されない。

また同社は、トーンアーム「EKOS SE」のマイナーチェンジも発表。約2mm程度ヘッドシェルのサイズを大きくし、LINNカートリッジの装着性の高さと、他社製カートリッジへの対応範囲を広げたという。さらに、重量級のカートリッジへの対応のため、オプションで“ヘビーウェイト”カウンターウェイト(「EK SE HEAVYCYW」¥14,700)も発売する。

関連リンク

関連記事