オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
手持ちの銘機を甦らせる

トライオード、国内外全メーカー製品対象のリペアサービス「TARES」スタート

ファイル・ウェブ編集部
2011年05月12日

(株)トライオードは、国内外全メーカーの製品を対象にしたリペア/メンテナンス/チューンナップサービス「TARES(タレス)」をスタートした。

「TARES」は「Triode Audio Revival Equipment Support」の頭文字を取ったもの。古代ギリシャ七賢人のひとり・タレスの名前にもかけられている。

電話・FAX・メールで問い合わせを行うと、トライオードが対象機器の診断を行い、修復の可否を決定。修復可能な場合は製品カルテを作成し、費用と修理期間を通知し、作業をスタートする。完成品にはTARESの独自保証書と、TARESが手掛けた証となるバッジが付けられるとのこと。オプションで定期点検も行うという。

なお、製品の修復が不可能な場合も、原因をレポートしてくれるという。

TARESのサービスは当初はアンプなど電子機器限定で行われるが、今後はスピーカーを含む民生用音響機器全般を対象にしていくという。

【問い合わせ先】
トライオード
TEL/048-940-3852
FAX/048-940-3853
Mail/tares@triode.co.jp

関連リンク

関連記事